オール特産物の茶漬けで地域おこし!飲食33店メニュー化、静岡県牧之原市の研究会 画像 オール特産物の茶漬けで地域おこし!飲食33店メニュー化、静岡県牧之原市の研究会

インバウンド・地域活性

 食欲が落ちる夏こそ、茶漬けはいかが――。静岡県のJAハイナン青壮年部や、牧之原市商工会議所でつくる「まきのはら茶づけ研究会」が中心となって推進する、新ご当地グルメ「まきのはら茶づけ」が広がっている。茶漬けの茶は静岡牧之原茶、塩は同市相良地区の天然物、県産かつお節――の三つの食材を使うことが条件で8月現在、市内33店舗が参加する。9月には店舗を巡るスタンプラリーや一般からのレシピを募る「お茶づけグランプリ」も展開する計画だ。
・新ご当地グルメに

 「まきのはら茶づけ」が誕生したのは2013年。静岡デザイン専門学校(静岡市)の授業で、学生とJA青壮年部が農業と地域の活性化を目指して「牧之原の茶畑と駿河湾をイメージできるグルメ」として考案した。14年にはJA青壮年部や同会議所などで研究会を結成、食材選定や普及方法を検討した。

 必須食材としては、全国の市町村で生産量2位を誇る茶の他、かつて新潟県まで続いた「塩の道」の出発点である相良地区の天然塩、高知県から伝来したかつお節と歴史を感じられる特産品を選んだ。

 条件はこれだけで店側は自由にアレンジできる。例えば、かつお節のだし汁と茶葉を急須に入れて海鮮丼にかけた茶漬け、茶とチーズのリゾットにだし汁をかけた茶漬け、「中華おこげ」にレタスやトマト、刺し身などをトッピングした茶漬けなど各店が知恵を絞る。参加店舗も居酒屋からイタリアンレストラン、中華料理店、ホテル、そば店、カフェ、焼き肉店など幅広い。

 JA青壮年部員で研究会の副会長を務める茶農家の杉田素之さん(40)は「お茶漬けの具材として地場産品を取り入れるよう奨励している。茶だけでなく、他の特産品のPRにもつながる」と効果を話す。

 牧之原市は、旧相良町と旧榛原町が合併して05年に誕生。メニューに取り入れた店舗は現在、相良地区で22、榛原地区で11と市全域に広がる。

 研究会の会長で飲食店を営む増田裕志さん(49)は「合併後、相良と榛原の両地区が一丸となった地域おこしは初めて」とし、茶漬けを通した地域活性化に期待を寄せる。(伴正薫)

オール特産物 茶漬けで地域おこし 飲食33店メニュー化 静岡県牧之原市の研究会

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  9. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  10. 広島県らサッカースタジアム建設構想/3候補地比較検討、中央公園広場が事業費最小

アクセスランキングをもっと見る

page top