丸順、アジア事業の拠点をタイに集約……インドネシア事務所を閉鎖 画像 丸順、アジア事業の拠点をタイに集約……インドネシア事務所を閉鎖

海外進出

丸順は、インドネシアに設置していたジャカルタ駐在員事務所を閉鎖すると発表した。

同社では、主要納入先であるホンダがアジア地域での事業を強化している中で、アジア域内で自動車産業分野での事業展開と拡大を図るための情報収集拠点として、ジャカルタ駐在員事務所を2013年2月に開設した。

しかし、同社は業績悪化で事業の「選択と集中」を進める「丸順構造改革プラン」の一環として、タイ・マルジュンへアジア事業の集約、人員配置の最適化を図ることにした。このため、ジャカルタ駐在員事務所を閉鎖する。

今年9月中旬から閉鎖の手続きに入る。業績に与える影響は軽微としている。

丸順、インドネシア駐在員事務所を閉鎖…アジア事業はタイに集約

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. ベトナムETCシステム統合、日本企業らで実証事業

    ベトナムETCシステム統合、日本企業らで実証事業

  3. 【対談】中西孝樹氏に聞く「TPP参加で自動車業界は勝ったのか?」

    【対談】中西孝樹氏に聞く「TPP参加で自動車業界は勝ったのか?」

  4. 全人代透視-元中国大使が本当に伝えたいこと

  5. トヨタ、16年のタイ製完成車輸出は15%減

  6. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  7. HISがタイ人向け旅行サイトでワイン販売

  8. ミャンマー、ヤンゴンの路面鉄道が一部開通、広島の車両が活躍

アクセスランキングをもっと見る

page top