丸順、アジア事業の拠点をタイに集約……インドネシア事務所を閉鎖 画像 丸順、アジア事業の拠点をタイに集約……インドネシア事務所を閉鎖

海外進出

丸順は、インドネシアに設置していたジャカルタ駐在員事務所を閉鎖すると発表した。

同社では、主要納入先であるホンダがアジア地域での事業を強化している中で、アジア域内で自動車産業分野での事業展開と拡大を図るための情報収集拠点として、ジャカルタ駐在員事務所を2013年2月に開設した。

しかし、同社は業績悪化で事業の「選択と集中」を進める「丸順構造改革プラン」の一環として、タイ・マルジュンへアジア事業の集約、人員配置の最適化を図ることにした。このため、ジャカルタ駐在員事務所を閉鎖する。

今年9月中旬から閉鎖の手続きに入る。業績に与える影響は軽微としている。

丸順、インドネシア駐在員事務所を閉鎖…アジア事業はタイに集約

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. ゴム製品メーカーのバンドー化学がマレーシア子会社を解散

    ゴム製品メーカーのバンドー化学がマレーシア子会社を解散

  3. 「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店

    「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店

  4. TPP協定交渉開始、マレーシアの関心はISDS条項と医薬品条項、貿易の強化

  5. 【ポストものづくり時代:3】B2BからB2Cへの脱却!

  6. 50人の埼玉県立高校生から「世界のリーダー」を育成

アクセスランキングをもっと見る

page top