全国約330町村のグルメ・物産が集まる「町イチ!村イチ!2015」が9月に開催 画像 全国約330町村のグルメ・物産が集まる「町イチ!村イチ!2015」が9月に開催

インバウンド・地域活性

 全国町村会は9月22、23日の2日間、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で「町イチ!村イチ!2015」を開催。全国の3分の1以上にあたる約330町村が、郷土のグルメや物産、ご当地キャラを披露する。

 都道府県単位での開催では他にも同様のイベントはあるが、出展者を町村に限定しているのが「町イチ!村イチ!2015」の大きな特徴となる。「特産品展示・販売コーナー」では「たくみの里 塩ヨーグルト」(群馬県みなかみ町)や「三朝みすと」(鳥取県三朝町)などを販売。「食堂コーナー」では「あけびの白いミートソースパスタ」(山形県白鷹町)や「黒豆味噌ラーメン」(北海道本別町)といったご当地グルメを味わえる。

 また、会場の各所には約140体の「ご当地キャラ」が登場。特設ステージでは郷土芸能が披露され、熊本県PRマスコットキャラクター「くまモン」が会場を盛り上げる。最新の移住・定住関連情報が入手できる「移住・定住相談コーナー」も開設予定だ。

 町村単位だからこそ、隠れた名産・名品と出会える可能性があるイベント。新たな商材探しや、新商品・サービスの開発のヒントを見つけるなど、ビジネスチャンスを広げる機会としても魅力がありそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  3. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  6. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  7. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  8. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top