下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」 画像 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

マネジメント

 中小企業庁は18日、平成26年度の下請代金支払遅延等防止法(下請代金法)に基づく取り締まり状況と、「下請かけこみ寺」事業の実施状況を公開した。

 下請代金法の違反行為の取締りのため、中小企業庁として親・下請事業者あわせて約24万件に対し書面調査を実施。その結果を元にして、違反のおそれのある親事業者1115件に立入検査等を行い、このうち999件で改善を指導した。なかでも重大な違反行為のあった1社に対しては公正取引委員会へ措置請求を行っている。平成25年度に比べると、書面調査の件数は少なかったものの、改善指導措置件数は増加している。

 下請企業への代金支払の禁止違反行為は701件にのぼったが、この内訳で圧倒的に多かったのは「支払遅延」39.7%と「減額」36.5%。以下、「困難手形」9.3%、「買いたたき」5.3%が続いている。減額した下請代金の返還及び支払遅延利息の支払状況として、親事業者288社に対し、総額約2.1億円の下請事業者への返還を指導したという。

 「下請かけこみ寺」は、下請取引上の悩み相談に相談員や弁護士が応じる役割を果たし、全国48カ所に設けられている。26年度の相談員による相談の受付件数は5473件で、25年度の4982件よりも491件多い。弁護士による無料相談の受付は681件(同711件)、裁判外紛争解決手続(ADR)の調停申立は9件(同33件)を受理した。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 人口減少社会では生産性向上で経済成長を…石井国交相

    人口減少社会では生産性向上で経済成長を…石井国交相

  2. 日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

    日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

  3. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

    地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  4. カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

  5. 10万円からのマイナンバー対策……CTCが準備パッケージを提供開始

  6. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  7. 常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

  8. ヘルスケア業界向け「営業スキル強化プログラム」登場

  9. 西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

  10. 清水建設が東燃ゼネラル・静岡ガスと新会社、天然ガス火力発電へ

アクセスランキングをもっと見る

page top