下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」 画像 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

マネジメント

 中小企業庁は18日、平成26年度の下請代金支払遅延等防止法(下請代金法)に基づく取り締まり状況と、「下請かけこみ寺」事業の実施状況を公開した。

 下請代金法の違反行為の取締りのため、中小企業庁として親・下請事業者あわせて約24万件に対し書面調査を実施。その結果を元にして、違反のおそれのある親事業者1115件に立入検査等を行い、このうち999件で改善を指導した。なかでも重大な違反行為のあった1社に対しては公正取引委員会へ措置請求を行っている。平成25年度に比べると、書面調査の件数は少なかったものの、改善指導措置件数は増加している。

 下請企業への代金支払の禁止違反行為は701件にのぼったが、この内訳で圧倒的に多かったのは「支払遅延」39.7%と「減額」36.5%。以下、「困難手形」9.3%、「買いたたき」5.3%が続いている。減額した下請代金の返還及び支払遅延利息の支払状況として、親事業者288社に対し、総額約2.1億円の下請事業者への返還を指導したという。

 「下請かけこみ寺」は、下請取引上の悩み相談に相談員や弁護士が応じる役割を果たし、全国48カ所に設けられている。26年度の相談員による相談の受付件数は5473件で、25年度の4982件よりも491件多い。弁護士による無料相談の受付は681件(同711件)、裁判外紛争解決手続(ADR)の調停申立は9件(同33件)を受理した。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

    無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 東北整備局、福島県下郷町の雪よけ用「沼尾シェッド」点検を代行

    東北整備局、福島県下郷町の雪よけ用「沼尾シェッド」点検を代行

  4. 日本工営、英国設計会社トップを買収へ、企画提案力と受注競争力強化

  5. 世界の自動車用樹脂市場、今後も拡大を予測

  6. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  7. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  8. 年末緊急! 都が中小企業の金融・雇用等を支援

  9. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

アクセスランキングをもっと見る

page top