農水省が介護食品に新ルール検討、硬さなど第三者認定 画像 農水省が介護食品に新ルール検討、硬さなど第三者認定

インバウンド・地域活性

 農水省は、新しい介護食品「スマイルケア食」に日本農林規格(JAS)など新たなルールの導入を検討している。体質に応じて消費者が安心して商品を選べるよう、食品の硬さなどにルールを設けたい考えだ。同省は地場産農産物を使った介護食品の開発に力を入れており、ルール導入を機に農産物への需要が高まる可能性がある。 スマイルケア食は、かんだりのみ込んだりする機能が弱くなった人、栄養が不足した状態にある人向けの食品。栄養や見た目にも配慮した介護食として同省が普及を図っている。民間調査によると、2020年の高齢者向け食品の市場規模は1700億円と予想しており、14年に比べ約3割の増加が見込まれている。 症状などによって「弱い力でかめる」「舌でつぶせる」など、求められる硬さなどの程度が違う。誤った商品を選べば、体に危険を及ぼす恐れもある。しかし、店頭で販売される介護食品に、全体で統一した第三者機関のルールはない。 検討しているのは、食品の硬さや口の中でのべたつきやすさ(付着性)、まとまりやすさ(凝集性)などの規格化。登録認定機関から“お墨付き”が得られるJASを中心に検討を進めている。店頭で表示を見ることで、体質に合った商品を選べるようにしたい考えだ。 同省は既に、介護分野などの専門家らでワーキンググループを設置。規格の仕組み、硬さの測定方法などについて検討を進めている。早ければ16年度中の制定を目指している。ただ、介護食品によっては多様な食材が含まれており、硬さに幅があるなどの測定面での課題もあり、慎重に検討を進めている。 同省食品製造卸売課は「今後も在宅介護の増加が見込まれる。第三者機関が品質を担保することで、安心して介護食品を手に取ってもらえるようにしたい」としている。

介護食品に新ルール 硬さなど第三者認定 農水省検討

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  4. 岩手・宮城の復興祈念公園、3月に着工へ。震災から6年の節目に合わせ

  5. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  6. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top