消費増税分を価格転嫁できた企業は何%?日商調査 画像 消費増税分を価格転嫁できた企業は何%?日商調査

マネジメント

 日本商工会議所は18日、「中小企業における消費税の価格転嫁に係る実態調査」の結果を発表。消費税率が引き上げられた2014年の5月と9月に続き、今回で3回目の調査となる。

 全国で3135社の事業体のうち、消費税引き上げ分を価格に「転嫁できた」のは57.6%。「一部転嫁できた」の29.3%と合わせると、9割の事業者が消費税を価格に転嫁している。ただし、価格に転嫁できた企業を取引形態別でみると、「BtoB」が70.4%にのぼるのに対して、「BtoC」は51%にとどまった。

 売上高別では、「1千万円以下」が46.9%と半数を下回る一方、「1千万円超~1億円以下」は6割前後で、「1億円超」になると68.9%にのぼった。売上高が大きい業者間での取引であれば消費税引き上げ分を価格転嫁しやすく、逆に売上高が低くい一般消費者相手の取引では転嫁しにくい状況がうかがえる。

 将来的には、消費税率が現行の8%から10%へ引き上げられる予定だが、その際に価格転嫁できるかどうかの見込みを尋ねると、「転嫁できる」という回答は36%で、「一部は転嫁できる」の23.5%を合わせて約6割。「転嫁できない」は8.2%で、「転嫁できるかどうかわからない」が30.3%を占めた。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 場力、売場作り、接客サービスをスコア化……「ニッポンの店大賞2015」が決定

    場力、売場作り、接客サービスをスコア化……「ニッポンの店大賞2015」が決定

  2. KYB、中国の建機向け事業の落ち込みを自動車がカバー

    KYB、中国の建機向け事業の落ち込みを自動車がカバー

  3. 農産物の収穫適期を予測…1か月前・誤差2日で実用化

    農産物の収穫適期を予測…1か月前・誤差2日で実用化

  4. 日建連、生産性向上の4本柱を検討

  5. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  6. 訪日外国人が「日本酒を知り、日本酒を楽しむ」プラットフォーム誕生

  7. 市町村の歩切り問題、都道府県主導で撤廃広がる……国交省らの再調査

  8. 本日の新聞から:VW日本法人社長更迭?

  9. 新国立競技場の計画見直しでJIAが提言……現設計チームで新たなデザイン

  10. 重層下請構造、工事単位で国交省が実態把握へ……行き過ぎ是正へ対策検討

アクセスランキングをもっと見る

page top