消費増税分を価格転嫁できた企業は何%?日商調査 画像 消費増税分を価格転嫁できた企業は何%?日商調査

マネジメント

 日本商工会議所は18日、「中小企業における消費税の価格転嫁に係る実態調査」の結果を発表。消費税率が引き上げられた2014年の5月と9月に続き、今回で3回目の調査となる。

 全国で3135社の事業体のうち、消費税引き上げ分を価格に「転嫁できた」のは57.6%。「一部転嫁できた」の29.3%と合わせると、9割の事業者が消費税を価格に転嫁している。ただし、価格に転嫁できた企業を取引形態別でみると、「BtoB」が70.4%にのぼるのに対して、「BtoC」は51%にとどまった。

 売上高別では、「1千万円以下」が46.9%と半数を下回る一方、「1千万円超~1億円以下」は6割前後で、「1億円超」になると68.9%にのぼった。売上高が大きい業者間での取引であれば消費税引き上げ分を価格転嫁しやすく、逆に売上高が低くい一般消費者相手の取引では転嫁しにくい状況がうかがえる。

 将来的には、消費税率が現行の8%から10%へ引き上げられる予定だが、その際に価格転嫁できるかどうかの見込みを尋ねると、「転嫁できる」という回答は36%で、「一部は転嫁できる」の23.5%を合わせて約6割。「転嫁できない」は8.2%で、「転嫁できるかどうかわからない」が30.3%を占めた。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 誘導路再編、駐機場増設…国交省と成田空港会社が2020年東京五輪までの整備対策報告

    誘導路再編、駐機場増設…国交省と成田空港会社が2020年東京五輪までの整備対策報告

  2. 覆工コンクリ剥落防止工法、西松建設とアオイ化学工業が共同開発

    覆工コンクリ剥落防止工法、西松建設とアオイ化学工業が共同開発

  3. 社長が選ぶ「今年の社長」は? 初のトップはあの人

    社長が選ぶ「今年の社長」は? 初のトップはあの人

  4. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  5. 中国人観光客の「おもてなしノウハウ」を学ぶ動画講座が登場

  6. インバウンドだけでなく日本人旅行者も…星野リゾート代表

  7. 文科省有識者会議/国立大学整備5カ年計画で最終報告案/475万平米を改築・改修

  8. 【外食ビジネスウィーク2015】後付できる“ペアガラス”、空調コストを年間で32.4%削減

  9. 新・ダイバーシティ経営企業&なでしこ銘柄、3月16日に発表

  10. 整理・整頓・清掃・清潔・しつけの徹底……「5S活動再挑戦プログラム」が登場

アクセスランキングをもっと見る

page top