日産リーフの航続距離が1.3倍に? 2016年米国モデル 画像 日産リーフの航続距離が1.3倍に? 2016年米国モデル

IT業務効率

日産自動車のEV、『リーフ』。同車の米国仕様車が、2016年モデルで大きな進化を果たすとの情報を、米国の販売店が発信している。

これは、米国インディアナ州インディアナポリスの日産販売店、「Andy Mohr Avon Nissan」が公式サイトを通じて明らかにしたもの。2016年モデルとして、改良が噂されるリーフについて、独自に情報を入手し、公開している。

リーフは2010年末、日本と米国で発売。量産自動車メーカー初の市販EVとして、話題を集めた。現在でも、世界のEV市場をリードするリーフだが、2016年型では、どのあたりが変わるのか。

Andy Mohr Avon Nissanによると、2016年型のリーフでは、航続距離の延長が、最大の進化点。現行型よりも、蓄電容量を25%増したバッテリー(二次電池)搭載車が設定され、米国では最大で110マイル(約177km)の走行を可能にしているという。

現行リーフの米国仕様は、1回の充電で最大84マイル(約135km)走行可能。同販売店の情報によると、2016年型では航続距離を1.3倍に引き上げ、実用性の向上が図られることになる。

日産 リーフ が航続距離1.3倍に? 米販売店が示唆

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  2. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

    「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

  3. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  4. ~定額制ビジネスに勝算あり:3~少子化の今こそ子どもにフォーカス!

  5. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(整備・点検編)

  6. サービス業のIT利用最前線!10 異文化を乗り越えるインバウンド民泊力/チャプターエイト

  7. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

  8. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  9. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  10. 教育向け、プログラミングできる“知育ドローン”「Airblock」/ソフトバンクC&S

アクセスランキングをもっと見る

page top