日産リーフの航続距離が1.3倍に? 2016年米国モデル 画像 日産リーフの航続距離が1.3倍に? 2016年米国モデル

IT業務効率

日産自動車のEV、『リーフ』。同車の米国仕様車が、2016年モデルで大きな進化を果たすとの情報を、米国の販売店が発信している。

これは、米国インディアナ州インディアナポリスの日産販売店、「Andy Mohr Avon Nissan」が公式サイトを通じて明らかにしたもの。2016年モデルとして、改良が噂されるリーフについて、独自に情報を入手し、公開している。

リーフは2010年末、日本と米国で発売。量産自動車メーカー初の市販EVとして、話題を集めた。現在でも、世界のEV市場をリードするリーフだが、2016年型では、どのあたりが変わるのか。

Andy Mohr Avon Nissanによると、2016年型のリーフでは、航続距離の延長が、最大の進化点。現行型よりも、蓄電容量を25%増したバッテリー(二次電池)搭載車が設定され、米国では最大で110マイル(約177km)の走行を可能にしているという。

現行リーフの米国仕様は、1回の充電で最大84マイル(約135km)走行可能。同販売店の情報によると、2016年型では航続距離を1.3倍に引き上げ、実用性の向上が図られることになる。

日産 リーフ が航続距離1.3倍に? 米販売店が示唆

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

    ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

  2. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

    ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  3. 水が凍結する時の圧力で壁解体! 環境に優しい工法

    水が凍結する時の圧力で壁解体! 環境に優しい工法

  4. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  5. NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

  6. 堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

  7. 3Dプリンターが物流を変える!?

  8. 納豆パワー大全開! その秘密に迫る!!

  9. いまどきの工事現場ーーパワーショベルの位置決めも自動!?

  10. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

アクセスランキングをもっと見る

page top