技能五輪国際大会、豊田自動織機は銅メダル 画像 技能五輪国際大会、豊田自動織機は銅メダル

イベント

8月11日から16日、ブラジル・サンパウロ市で開催された第43回技能五輪国際大会「構造物鉄工」職種で、豊田自動織機の安田将貴選手が銅メダルを獲得した。

技能五輪国際大会は22歳以下の若い技能者を対象に2年に一度開催。今回は全50職種に約60か国・地域から約1200名の選手が出場し、腕を競い合った。このうち、「構造物鉄工」職種には11か国・地域が参加。安田選手は豊田自動織機初の同職種への参加となった。

安田選手は、韓国やブラジルなど強豪国の溶接技能者らと4日間、延べ22時間を戦い抜き、銅メダルに輝いた。

戦いを終えた安田選手は「国内大会とはまったく異なる作業環境・条件だったため、精神的に追い込まれ、失敗もしてしまったが、苦しい状況だったからこそ諦めずにやり遂げることの大切さを実感することができた。今後は後輩たちが世界の舞台で活躍できるよう、この経験を余すところなく伝えていきたいと思う」とコメントしている。

技能五輪国際大会、豊田自動織機は構造物鉄工で銅メダル

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾

    “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾

  2. 【新価値創造展:2】自社ブランド立ち上げのヒントを探る!

    【新価値創造展:2】自社ブランド立ち上げのヒントを探る!

  3. 熱狂的ファンを生み出すヤッホーの戦略とは?/熱狂ブランドサミット2017

    熱狂的ファンを生み出すヤッホーの戦略とは?/熱狂ブランドサミット2017

  4. 【ギフト・ショー】歌舞伎や日本刀、新幹線の形をしたかわいい靴下たち

  5. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  6. 大型トラックのタイヤ交換、ホイール脱着も全自動――小野谷機工

アクセスランキングをもっと見る

page top