シャリと酢を絶妙に混ぜます!不二精機が新技術「浮かし切り」 画像 シャリと酢を絶妙に混ぜます!不二精機が新技術「浮かし切り」

インバウンド・地域活性

 今までなかった画期的酢合わせ―。不二精機(福岡市博多区)は、寿司(すし)のシャリと酢を混ぜる「酢合わせ機4 SUW」を開発、発売した。同社のおにぎり成形機などで使われるほぐし技術を応用。業界初という「自家ほぐし式」を採用した。 一般的な酢合わせ機は容器が回転するドラム式。シャリが重力で落ちることでほぐれるが、混ぜムラやダマができることがあった。一方、「自家ほぐし式」は容器を固定。新技術「浮かし切り」によりシャリを浮かすように全体をかき混ぜ、適度な空気を含ませて粘り気を抑える。  全体工程は約4分で従来機より約1分早い。オプションのレーザー温度センサーにより、外気温度などの環境に影響を受けず、人肌温度にできる。  コンパクトな設計で場所を取らず、シャリを投入するホッパーなどの部品に樹脂を使い軽量化した。価格は125万円(消費税抜き)。販売目標は年500台。スーパーや回転寿司店での活用を見込む。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

    8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  6. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  10. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

アクセスランキングをもっと見る

page top