シャリと酢を絶妙に混ぜます!不二精機が新技術「浮かし切り」 画像 シャリと酢を絶妙に混ぜます!不二精機が新技術「浮かし切り」

インバウンド・地域活性

 今までなかった画期的酢合わせ―。不二精機(福岡市博多区)は、寿司(すし)のシャリと酢を混ぜる「酢合わせ機4 SUW」を開発、発売した。同社のおにぎり成形機などで使われるほぐし技術を応用。業界初という「自家ほぐし式」を採用した。 一般的な酢合わせ機は容器が回転するドラム式。シャリが重力で落ちることでほぐれるが、混ぜムラやダマができることがあった。一方、「自家ほぐし式」は容器を固定。新技術「浮かし切り」によりシャリを浮かすように全体をかき混ぜ、適度な空気を含ませて粘り気を抑える。  全体工程は約4分で従来機より約1分早い。オプションのレーザー温度センサーにより、外気温度などの環境に影響を受けず、人肌温度にできる。  コンパクトな設計で場所を取らず、シャリを投入するホッパーなどの部品に樹脂を使い軽量化した。価格は125万円(消費税抜き)。販売目標は年500台。スーパーや回転寿司店での活用を見込む。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 富裕層インバウンドの法則その5

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  10. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

アクセスランキングをもっと見る

page top