厳戒態勢が続く鹿児島・桜島、火山カメラの最新映像 画像 厳戒態勢が続く鹿児島・桜島、火山カメラの最新映像

インバウンド・地域活性

 15日に気象庁による噴火警報が発表され、噴火警戒レベルが3(入山規制)から4(避難準備)に引き上げられ、依然として厳戒態勢が続く桜島(鹿児島県)。

 気象庁によれば、15日7時頃から火山活動に伴う地震が多発しており、昭和火口や南岳山頂から3km以内の鹿児島市有村町および古里町に対して、噴火に伴う噴石や火砕流への厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁の公式Webサイトで公開されている「火山カメラ画像」の最新映像を確認したところ、17日15時台では大きな変化は見受けられなかったが、島内に設置された傾斜計および伸縮計により、大きな噴火が切迫しているとみられる急激な地殻変動が観測されており、依然として噴火に対する厳戒態勢が続いている。

気象庁・火山カメラがとらえた厳戒態勢が続く鹿児島・桜島の最新映像

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

    常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  3. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  4. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 岐阜県・多治見駅南地区再開発計画、事業費228億円

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  9. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  10. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top