厳戒態勢が続く鹿児島・桜島、火山カメラの最新映像 画像 厳戒態勢が続く鹿児島・桜島、火山カメラの最新映像

インバウンド・地域活性

 15日に気象庁による噴火警報が発表され、噴火警戒レベルが3(入山規制)から4(避難準備)に引き上げられ、依然として厳戒態勢が続く桜島(鹿児島県)。

 気象庁によれば、15日7時頃から火山活動に伴う地震が多発しており、昭和火口や南岳山頂から3km以内の鹿児島市有村町および古里町に対して、噴火に伴う噴石や火砕流への厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁の公式Webサイトで公開されている「火山カメラ画像」の最新映像を確認したところ、17日15時台では大きな変化は見受けられなかったが、島内に設置された傾斜計および伸縮計により、大きな噴火が切迫しているとみられる急激な地殻変動が観測されており、依然として噴火に対する厳戒態勢が続いている。

気象庁・火山カメラがとらえた厳戒態勢が続く鹿児島・桜島の最新映像

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 富裕層インバウンドの法則その5

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top