ベトナムで工場レンタル、海外進出に新展開 画像 ベトナムで工場レンタル、海外進出に新展開

海外進出

 経営コンサルティング企業のフォーバルは17日、ベトナムのティンギア社と共同で、同国に特定目的会社(SPC)「Japanese SMEs Development JS company(JSC)」を6月30日付で設立したと発表した。

 ティンギア社はベトナムのドンナイ省で複数の工業団地を運営するデベロッパー。JSCの共同設立にあたっては、ベトナム計画投資省外国投資庁の協力をあおぎ、JICA(ジャイカ/独立行政法人国際協力機構)の海外投融資制度が活用された。

 同社では今後ベトナムで日系中小企業に向けたレンタル工場の運営を行う。日系企業が海外に生産拠点を新設する際には、土地の購入や工場の建設など大きな投資が必要となる。その負担とリスクを軽減し、少額投資で海外進出を可能とするのが同社の目的だ。

 JSCがベトナムに用意するレンタル工場では、約100社の日系中小企業が入居できるスペースを確保。また、株主として埼玉県が出資する予定で、埼玉県はこれを県内ものづくり企業のベトナム進出支援の一環として活用する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  3. 群馬県、シンガポールへ青果物輸出狙う 現地伊勢丹でテスト販売

    群馬県、シンガポールへ青果物輸出狙う 現地伊勢丹でテスト販売

  4. 【越境ECを地方から:3】中国人爆買いをネットで再現! その方程式とは?

  5. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  6. ブックオフがマレーシアでリユースショップを初オープン

  7. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  8. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  9. ホンダ中国販売、24%増の124万台…過去最高

アクセスランキングをもっと見る

page top