ベトナムで工場レンタル、海外進出に新展開 画像 ベトナムで工場レンタル、海外進出に新展開

海外進出

 経営コンサルティング企業のフォーバルは17日、ベトナムのティンギア社と共同で、同国に特定目的会社(SPC)「Japanese SMEs Development JS company(JSC)」を6月30日付で設立したと発表した。

 ティンギア社はベトナムのドンナイ省で複数の工業団地を運営するデベロッパー。JSCの共同設立にあたっては、ベトナム計画投資省外国投資庁の協力をあおぎ、JICA(ジャイカ/独立行政法人国際協力機構)の海外投融資制度が活用された。

 同社では今後ベトナムで日系中小企業に向けたレンタル工場の運営を行う。日系企業が海外に生産拠点を新設する際には、土地の購入や工場の建設など大きな投資が必要となる。その負担とリスクを軽減し、少額投資で海外進出を可能とするのが同社の目的だ。

 JSCがベトナムに用意するレンタル工場では、約100社の日系中小企業が入居できるスペースを確保。また、株主として埼玉県が出資する予定で、埼玉県はこれを県内ものづくり企業のベトナム進出支援の一環として活用する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  4. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  5. 経済発展に湧くベトナムでの日系企業の挑戦

  6. フィリピンでの再生エネ事業、ノウハウを国内に逆輸入

  7. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  8. パックご飯が欧米で人気沸騰中!

  9. 外国人に人気の日本食はラーメンではなく…鮮度で売れる食材は?

  10. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

アクセスランキングをもっと見る

page top