日本食ブームにのってわさびを海外へ!金印の挑戦 画像 日本食ブームにのってわさびを海外へ!金印の挑戦

インバウンド・地域活性

 中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営する中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」は17日、「中小企業の海外展開入門」コンテンツを更新。企業事例「わが社の国際ビジネスのポイント」で、「第52回 本物志向で、世界のプロに迫る[金印]」を公開した。

 金印は1929(昭和4)年に創業。「金印粉わさび」や「金印ねりわさび」、「金印生すりわさび」、「金印生おろしわさび」などの商品をはじめ、食品の製造や販売を手がけてきた。

 また、海外展開にも積極的で、アメリカ、イギリス、ドイツの3カ国に4つの拠点を設置。世界60カ国以上への輸出体制を強化するため、海外生産や加工、販売を視野に入れた米国現地法人を設立するまでに至った。これにより現在ではわさび商品で、海外向け売上比率が約16%を占めている。

 海外展開の原点となったのは、1980年にアメリカで業務用粉わさびの販売を開始したこと。その際、単に商品を販売するだけではなく、正しいわさびの扱い方や本来のわさびの味や風味も伝えることで、わさびの認知度を高めていったという。

 そこには日本食ブームによる影響もあったが、商品とともにわさびを文化として海外へ根付かせようという姿勢が、金印の海外展開を支えたいう。同社では今後、前述の比率を30%まで高めることを目標としている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

    川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  4. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  5. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  6. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 日立建機、オフロード法2014適合のホイールローダ

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

  10. 増加するインバウンド、貸切バスの臨時営業区域・設定を延長へ

アクセスランキングをもっと見る

page top