金賞は「さける昆布」「ねりきなこ」、消費者が選ぶジャパン・フード・セレクション受賞商品発表 画像 金賞は「さける昆布」「ねりきなこ」、消費者が選ぶジャパン・フード・セレクション受賞商品発表

インバウンド・地域活性

 日本フードアナリスト協会は、消費者が選んだ優れた食材や食品を認証する「ジャパン・フード・セレクション」における8月の受賞商品を発表。金賞の2商品として株式会社くらこんの「さける昆布」と「ねりきなこ」を、銀賞として株式会社タカチホの「信州銘菓 りんごのささやき」を選定した。

 「さける昆布」は食べたい分だけ手でさけるポケットサイズの昆布菓子。特定の時期にしか採れないやわらかい昆布を材料としており、適度な噛み心地、噛む度に口中に広がる昆布の味などが評価された。

 「ねりきなこ」はきなこと水飴を練り合わせて棒状にし、表面にきなこをまぶした駄菓子。昔懐かしい味わいや、郷愁を誘うレトロなパッケージなどが評価された。

 「信州銘菓 りんごのささやき」は、ふじりんごの風味を活かしたチョコウエハースクッキー。生地には長野県産の小麦粉を使用し、そこに同じく同県産のふじりんごと栗はちみつを練り込んだ。長野県産の原材料にこだわった点、食べやすいサイズ、懐かしさを感じる味わいなどが評価された。

 2014年4月には梅乃宿酒造が、スパークリング日本酒「月うさぎナチュラル」で金賞を受賞。「これまで以上に問い合わせが増えてきており、手ごたえを感じています」と話している。同制度の受賞は商品の知名度アップや販路拡大につながりやすく、商品マーケティングとして大いに活用したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  9. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  10. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

アクセスランキングをもっと見る

page top