金賞は「さける昆布」「ねりきなこ」、消費者が選ぶジャパン・フード・セレクション受賞商品発表 画像 金賞は「さける昆布」「ねりきなこ」、消費者が選ぶジャパン・フード・セレクション受賞商品発表

インバウンド・地域活性

 日本フードアナリスト協会は、消費者が選んだ優れた食材や食品を認証する「ジャパン・フード・セレクション」における8月の受賞商品を発表。金賞の2商品として株式会社くらこんの「さける昆布」と「ねりきなこ」を、銀賞として株式会社タカチホの「信州銘菓 りんごのささやき」を選定した。

 「さける昆布」は食べたい分だけ手でさけるポケットサイズの昆布菓子。特定の時期にしか採れないやわらかい昆布を材料としており、適度な噛み心地、噛む度に口中に広がる昆布の味などが評価された。

 「ねりきなこ」はきなこと水飴を練り合わせて棒状にし、表面にきなこをまぶした駄菓子。昔懐かしい味わいや、郷愁を誘うレトロなパッケージなどが評価された。

 「信州銘菓 りんごのささやき」は、ふじりんごの風味を活かしたチョコウエハースクッキー。生地には長野県産の小麦粉を使用し、そこに同じく同県産のふじりんごと栗はちみつを練り込んだ。長野県産の原材料にこだわった点、食べやすいサイズ、懐かしさを感じる味わいなどが評価された。

 2014年4月には梅乃宿酒造が、スパークリング日本酒「月うさぎナチュラル」で金賞を受賞。「これまで以上に問い合わせが増えてきており、手ごたえを感じています」と話している。同制度の受賞は商品の知名度アップや販路拡大につながりやすく、商品マーケティングとして大いに活用したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 横浜、相模原両市でポスト五輪2大プロ/計画実現の胎動強まる

    横浜、相模原両市でポスト五輪2大プロ/計画実現の胎動強まる

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  4. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  5. インフラ老朽化対策で「テーマ設定型」技術公募が定着、国交省

  6. 建専連が国交省本省と意見交換、登録基幹技能者の配置義務化で目標明示求める

  7. チタン製タンブラーほか8商品が三重グッドデザインに決定!

  8. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  9. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  10. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

アクセスランキングをもっと見る

page top