世紀東急工業、常温合材に「高耐久」と「高安定」追加、モンゴルで製販体制整備 画像 世紀東急工業、常温合材に「高耐久」と「高安定」追加、モンゴルで製販体制整備

インバウンド・地域活性

 世紀東急工業は常温合材で、高速道路など重交通路線の補修に用いる「高耐久型」と、寒冷地に適した「高安定型」の2種類の開発にめどを付けた。常温合材ブランド「SKミックス」のシリーズとして、10月に市場に投入する。高安定型はモンゴルでも販売する計画で、7月初めに現地で試験施工を実施。製造拠点も整備しているという。シリーズ化によって多様なニーズに対応した製品を提供し、販売数量を堅持していく考えだ。常温合材は、舗装路面に発生した段差や穴(ポットホール)などを応急的に補修する材料。早期に路面性能を回復させ、短時間で交通開放できるのが特徴だ。同社の従来製品「SKミックス」(1袋20キログラム)は、一般道路向けの製品で、簡易な舗装や補修材料として用いられている。路面に敷きならし、一般的な転圧機械などで締め固めるだけで交通開放できる。年間で約5万袋を販売しているという。
 開発中の製品は、高速道路や基幹道路など重交通路線を補修する高耐久型と、寒冷地向けの高安定型の2種類。従来品と同等の施工性を維持しながら、耐久性や初期の安定性を高めた。高耐久型は天候を問わず施工できる全天候タイプ。耐久性を高めるためセメントが配合されており、水を使って固める。高安定型は特殊バインダーにより初期の安定性が高く、氷点下20度の厳しい環境下でも施工できる。さらに厳冬期には気温が氷点下25~30度にもなるモンゴルに適した製品も実用化した。同国では5カ月の間、プラントが閉鎖されるため、低温でも固まり、長期保存できる路面補修材が求められていた。同社は7月に首都ウランバートル市内で試験施工を実施した。同国道路省や同市、地元の道路協会などの関係者約100人が参加し、高安定型SKミックスの初期安定性や施工性などを確かめた。今後、長期の保存性能を検証する。既に同社の現地パートナー会社が常温合材の工場を建設中。特殊なアスファルトは日本から輸出し、現地で骨材などを混合して製品化する。

世紀東急工業/常温合材に「高耐久」と「高安定」追加/モンゴルで製販体制整備

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  7. 本厚木駅開発、17年7月着工めざす

  8. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  9. 公共工事激減でも建設業が元気なまち(岩手県紫波町)

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top