【回転窓】70年前の133日 画像 【回転窓】70年前の133日

マネジメント

 小説家の志賀直哉が、1946年3月発行の雑誌『展望』に、ある政治家のことをつづっている。互いに面識はないが、戦後すぐに書かれた随筆らしい▼〈…かういふ非常な時期には政治の技術など、たいして物の役には立たないのではないか。それ以上のもので乗切るより道がないやうな状態に日本はなってゐたと思ふ。鈴木さんにはさう云うものがあり、鈴木さん自身、それを自覚してゐて、総理大臣を引受けたのではないだらうか〉▼鈴木さんとは、終戦時の首相・鈴木貫太郎。45年4月、小磯国昭内閣の総辞職を受け、当時の枢密院議長だった鈴木に組閣の大命が下される。以降、終戦までにどのような史実をたどったかは、『鈴木貫太郎内閣の133日』(野田市郷土博物館発行)に詳しい▼組閣の際、本土決戦という軍部の要求を受け入れる。少しでも和平をにおわせれば軍部は一層反動的になるため、〈鈴木さんは他に真意を秘して、結局、終戦といふ港にボロボロ船を漕ぎつけた〉と志賀は評する▼戦後70年の今夏、公開中の映画『日本のいちばん長い日』で鈴木貫太郎役を名優・山崎努が演じている。

回転窓/70年前の133日

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

    国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

  2. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

    スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

  3. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

    物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  4. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  5. 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  7. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  8. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  9. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  10. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

アクセスランキングをもっと見る

page top