新明和工業、「アームロール」新モデル発表 画像 新明和工業、「アームロール」新モデル発表

インバウンド・地域活性

新明和工業は、脱着ボデートラック「アームロール」の7トン車級新モデルを、8月18日に発売する。

脱着ボデートラックは、一般貨物のほか、廃棄物や農産物を効率的に収集・運搬するため、荷台であるコンテナの脱着機能と、積載物の排出機能を備えた車両だ。

新モデルでは、徹底した構造の最適化により「約120kg」の軽量化を実現。最大積載量を従来モデルに比べ最大で200kg増量でき、クラストップの積載能力を実現した。

また、コンテナにフックを掛ける際、アーム先端部の確認バーが運転席後部窓から確実に目視できる同社独自の「テーパースマート形状」を採用したほか、コンテナ引き上げ時の最大地上高を低くすることで、特に屋内での脱着作業性を高めた。

価格(シャシ代金除く・標準仕様)は300万円。

新明和工業、7トン車級の脱着ボデートラック新モデル発売…積載能力向上

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  4. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  8. 【着地型観光:4】アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

アクセスランキングをもっと見る

page top