新明和工業、「アームロール」新モデル発表 画像 新明和工業、「アームロール」新モデル発表

インバウンド・地域活性

新明和工業は、脱着ボデートラック「アームロール」の7トン車級新モデルを、8月18日に発売する。

脱着ボデートラックは、一般貨物のほか、廃棄物や農産物を効率的に収集・運搬するため、荷台であるコンテナの脱着機能と、積載物の排出機能を備えた車両だ。

新モデルでは、徹底した構造の最適化により「約120kg」の軽量化を実現。最大積載量を従来モデルに比べ最大で200kg増量でき、クラストップの積載能力を実現した。

また、コンテナにフックを掛ける際、アーム先端部の確認バーが運転席後部窓から確実に目視できる同社独自の「テーパースマート形状」を採用したほか、コンテナ引き上げ時の最大地上高を低くすることで、特に屋内での脱着作業性を高めた。

価格(シャシ代金除く・標準仕様)は300万円。

新明和工業、7トン車級の脱着ボデートラック新モデル発売…積載能力向上

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  3. 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:1】イカ天瀬戸内れもん味

    【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:1】イカ天瀬戸内れもん味

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  7. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  8. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  9. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  10. 千葉市新庁舎整備、延べ4.9万平米、敷地南側にL字型配置

アクセスランキングをもっと見る

page top