新明和工業、「アームロール」新モデル発表 画像 新明和工業、「アームロール」新モデル発表

インバウンド・地域活性

新明和工業は、脱着ボデートラック「アームロール」の7トン車級新モデルを、8月18日に発売する。

脱着ボデートラックは、一般貨物のほか、廃棄物や農産物を効率的に収集・運搬するため、荷台であるコンテナの脱着機能と、積載物の排出機能を備えた車両だ。

新モデルでは、徹底した構造の最適化により「約120kg」の軽量化を実現。最大積載量を従来モデルに比べ最大で200kg増量でき、クラストップの積載能力を実現した。

また、コンテナにフックを掛ける際、アーム先端部の確認バーが運転席後部窓から確実に目視できる同社独自の「テーパースマート形状」を採用したほか、コンテナ引き上げ時の最大地上高を低くすることで、特に屋内での脱着作業性を高めた。

価格(シャシ代金除く・標準仕様)は300万円。

新明和工業、7トン車級の脱着ボデートラック新モデル発売…積載能力向上

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

    東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top