マレーシアの自動車・エンジニアリング・石油ガス大手UMWグループ、ロールスロイスより大型受注 画像 マレーシアの自動車・エンジニアリング・石油ガス大手UMWグループ、ロールスロイスより大型受注

インバウンド・地域活性

25年契約で航空機エンジン用ファンケース製造マレーシアの自動車・エンジニアリング・石油ガス大手のUMWグループが、英ロールスロイス社から航空機用エンジンのファンケースの製造及び組立を受注した。25年契約で、ボーイング787ドリームライナー向けTrent1000エンジン用ファンケースを製造するとみられる。製造されたファンケースは、Trent 1000を含むエンジンを組立、テストしているシンガポールに送られることになる。ナジブ・ラザク首相(兼財務大臣)はこの合意について喜び、これはロールスロイス社のマレーシア経済の安定性と労働者の技術力への信頼を表すものだと述べた。政府も後押しマレーシア政府は、「2020年までの先進国入り」という目標を掲げている。2020年までに国民総所得(GNI)を15,000米ドルまで引き上げるという国家目標達成のため、2010年以来、経済改革プログラム(ETP)を実施し、投資誘致に取り組んできた。マレーシアを代表する複合企業であるUMWと自動車と航空エンジンにおいて世界的企業であるロールスロイス社との今回の合意は、民間企業を経済成長の主役としたい政府として強く推奨していきたい形のものだとナジブ首相は語っている。UMWはマラ公社と協力して、高い技術を有する労働者を育成するための養成所を設置することも予定している。(画像UMW HPより)

UMWグループ、ロールスロイス社より大型受注

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  4. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  8. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  9. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  10. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top