マレーシアの自動車・エンジニアリング・石油ガス大手UMWグループ、ロールスロイスより大型受注 画像 マレーシアの自動車・エンジニアリング・石油ガス大手UMWグループ、ロールスロイスより大型受注

インバウンド・地域活性

25年契約で航空機エンジン用ファンケース製造マレーシアの自動車・エンジニアリング・石油ガス大手のUMWグループが、英ロールスロイス社から航空機用エンジンのファンケースの製造及び組立を受注した。25年契約で、ボーイング787ドリームライナー向けTrent1000エンジン用ファンケースを製造するとみられる。製造されたファンケースは、Trent 1000を含むエンジンを組立、テストしているシンガポールに送られることになる。ナジブ・ラザク首相(兼財務大臣)はこの合意について喜び、これはロールスロイス社のマレーシア経済の安定性と労働者の技術力への信頼を表すものだと述べた。政府も後押しマレーシア政府は、「2020年までの先進国入り」という目標を掲げている。2020年までに国民総所得(GNI)を15,000米ドルまで引き上げるという国家目標達成のため、2010年以来、経済改革プログラム(ETP)を実施し、投資誘致に取り組んできた。マレーシアを代表する複合企業であるUMWと自動車と航空エンジンにおいて世界的企業であるロールスロイス社との今回の合意は、民間企業を経済成長の主役としたい政府として強く推奨していきたい形のものだとナジブ首相は語っている。UMWはマラ公社と協力して、高い技術を有する労働者を育成するための養成所を設置することも予定している。(画像UMW HPより)

UMWグループ、ロールスロイス社より大型受注

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 富裕層インバウンドの法則その4

  10. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

アクセスランキングをもっと見る

page top