長野県中野市が免震構造の新庁舎基本設計案を公開、16年度末にも着工 画像 長野県中野市が免震構造の新庁舎基本設計案を公開、16年度末にも着工

インバウンド・地域活性

 長野県中野市は、「新庁舎建設整備基本設計案」をまとめた。建設地は現庁舎の敷地と隣接する市民会館の敷地を合わせた1万3126平方メートル。建物の規模は、新庁舎がS造(免震構造)5階塔屋1階建て延べ6907平方メートル、車庫棟がS造平屋217平方メートルの計7124平方メートルとした。基本設計業務は梓設計・第一設計JVが担当している。新庁舎の設計コンセプトは、▽コンパクトで合理的な建築計画▽冬季も安心して庁舎を利用できる出入り口計画▽建設コストを縮減した効率よく無駄のない庁舎▽維持管理費を低減した長寿命な庁舎▽市民の交流・協働の拠点となる庁舎-など。
 設備面では、3日間の使用を想定した非常用自家発電装置を設置。屋上に太陽光発電設備を設ける。空調の主な熱源は都市ガスとし、空調設備は各エリアごとに制御可能なシステムを採用する。新庁舎の北側、市民会館との間には平面駐車場を設置する。駐車台数は115台(うち思いやり駐車場5台)。16年度に実施設計を行った後、同年度末にも着工。17年度末に完成させ、18年度前半に現庁舎の解体と外構工事を実施する予定。設計・建設、解体・外構工事、備品・調度品調達を含めた総事業費は39億3400万円と見込んでいる。

長野県中野市/新庁舎基本設計案/免震構造採用、16年度末にも着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

    九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  8. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  9. 葉物類が入荷減! イチゴ通常の6割、西日本大雪の影響、大阪市場

  10. ノーベル賞の晩さん会で注目! 高級食材としてのウズラ肉に注目!

アクセスランキングをもっと見る

page top