キナバル山、地震後の初の登頂……ルートの安全性確認 画像 キナバル山、地震後の初の登頂……ルートの安全性確認

インバウンド・地域活性

88人が安全確認のための登山に臨む8日、88人の登山者らが、キナバル山のティムポーン・ゲート登山口からラバン・ラタまで6Kmの登山道の安全を確認するための登山に望んだ。18人の登山者らが犠牲となった地震被害の影響で、キナバル山が閉鎖されて以来初の登山となる。ラバン・ラタまでの道のり参加者は、サバ州公園管理局の職員とその家族、報道陣らで、標高4,095mの山頂に続く、標高3,272m地点のラバン・ラタまでの道のりを進んだ。登山道は、数日降り続いた雨のせいで滑りやすい状態となっていた。9月1日の再開に間に合うか今回の登山は、9月1日のキナバル山再開に向けて最初のハードルだった。午前8時15分に、サバ州観光・文化・環境省 Masidi Manjun大臣の合図でスタートし、厳しいガイドラインのもとこの登山は実施された。目的地に到達した参加者らは、登山道の安全は確実に保たれていると述べた。そして、もう一つのハードルは、再開が9月1日の予定日までに間に合うかどうかだ。これはサバ州公園管理局が、ラバン・ラタから山頂ローズ・ピークまでの登山ルートをいかに切り開いていくかにかかっている。(画像はキナバル公園管理局ホームページより)

キナバル山 安全確認される

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

  8. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  9. 求ム!若い発想、農山村ビジネスプランコンテストが盛況!!

  10. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

アクセスランキングをもっと見る

page top