キナバル山、地震後の初の登頂……ルートの安全性確認 画像 キナバル山、地震後の初の登頂……ルートの安全性確認

インバウンド・地域活性

88人が安全確認のための登山に臨む8日、88人の登山者らが、キナバル山のティムポーン・ゲート登山口からラバン・ラタまで6Kmの登山道の安全を確認するための登山に望んだ。18人の登山者らが犠牲となった地震被害の影響で、キナバル山が閉鎖されて以来初の登山となる。ラバン・ラタまでの道のり参加者は、サバ州公園管理局の職員とその家族、報道陣らで、標高4,095mの山頂に続く、標高3,272m地点のラバン・ラタまでの道のりを進んだ。登山道は、数日降り続いた雨のせいで滑りやすい状態となっていた。9月1日の再開に間に合うか今回の登山は、9月1日のキナバル山再開に向けて最初のハードルだった。午前8時15分に、サバ州観光・文化・環境省 Masidi Manjun大臣の合図でスタートし、厳しいガイドラインのもとこの登山は実施された。目的地に到達した参加者らは、登山道の安全は確実に保たれていると述べた。そして、もう一つのハードルは、再開が9月1日の予定日までに間に合うかどうかだ。これはサバ州公園管理局が、ラバン・ラタから山頂ローズ・ピークまでの登山ルートをいかに切り開いていくかにかかっている。(画像はキナバル公園管理局ホームページより)

キナバル山 安全確認される

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  2. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

    東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  6. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  7. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  8. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top