海外勤務をいとわない転職者が5年前より倍増 画像 海外勤務をいとわない転職者が5年前より倍増

人材

2010年の調査結果と比べ、海外勤務に対して積極的に日本最大級のキャリア転職情報サイトを謳う『エン転職コンサルタント』を運営するエン・ジャパンは、同サイトのユーザーを対象に「海外勤務」をテーマとしたアンケートを行い、その結果を発表した。調査期間は2015年6月1日から30日までの1ヶ月間で、延べ1,023名のサイト利用者の回答を基に分析した結果、興味深いことがわかった。海外勤務になる可能性がある企業を転職先として「積極的に選ぶ」と回答したユーザーは全体の37%と、2010年の調査結果(19%)と比べて、なんと約2倍に増加しているのだ。2013年の26%と比較しても、目に見えて増えており、転職者が海外勤務に対して年々意欲的になっていることがわかる。30-40代では経験を積むチャンス、50代では蓄積した経験を活かせる新天地であることが最大の動機「積極的に選ぶ」を選んだ回答者の年代に大きな差はなかったが、その動機は多少異なり、30-40代では「自分の成長にプラスになるから」、50代になると「海外の方が、自分の経験を活かせるから」がそれぞれの年代のトップに挙がっている。このことから、「海外勤務」を若手は将来を見越して自己の経験値を上げるチャンスと捉え、50代のベテランとなると、これまで蓄積してきた経験や知識を基に、思う存分力を発揮できる可能性のある舞台と考える傾向が強いことが明らかになった。希望の転職地域第1位は東南アジア、マレーシアの名前も「転職して、どこの国・地域で働きたいですか」との質問には「東南アジア」(38%)と答える回答が最多で、これは年々高まるASEANへの関心が反映されていると考えられる。具体的にはマレーシア、タイ、ベトナム、シンガポール、インドネシア、中国、などの東南アジアや東アジアの国々のほか、アメリカやフランス、ドイツ、イギリスなどの国名が挙がった。年代が上がるにつれ、東南アジアを転職先に挙げる割合が増加し、若い年代にはヨーロッパや北米が人気だった。(画像はホームページから)

海外勤務を積極的に検討する転職者が5年前と比較して2倍に

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

  2. 昼休みバレーが会社のススメ、機械製作所の考える脱生活習慣病

    昼休みバレーが会社のススメ、機械製作所の考える脱生活習慣病

  3. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?/第2回 働き方改革「10のキーワード」

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?/第2回 働き方改革「10のキーワード」

  4. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  5. ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

  6. 看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

  7. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  8. 中小企業の海外進出を支援、神奈川県とテンプホールディングス、パソナが結束

  9. 【HJ HJ EYE:2】進む農業の法人化、必要とされる人材とは?

  10. 「中小企業の《経営論》」第9回:二代目、三代目経営者だからこそできること

アクセスランキングをもっと見る

page top