【解決!社長の悩み相談センター】第13回:生命保険は掛け捨てと積み立て、経営者としてはどちらがよいのでしょうか 画像 【解決!社長の悩み相談センター】第13回:生命保険は掛け捨てと積み立て、経営者としてはどちらがよいのでしょうか

制度・ビジネスチャンス

今回の回答者:高橋昌也 税理士・AFP(フィナンシャルプランナー)

質問:
 生命保険に加入することにしました。掛け捨てだともったいない気がするので、積立保険に加入しようと思うのですが大丈夫でしょうか?

回答:
 第11回に続き、生命保険について検討をしてみたいと思います。

 掛け捨ての保険だともったいない、もし何もなかったらお金を捨てたようなものだ。このような考え方をされる方は非常に多いようです。ただし、ここで一つ忘れてはならない大原則があります。それは保険で一番大切なことは「保障をすること」だということです。

 そもそも保険というものは「あったら困るなぁ」ということに対処するためのものです。従って、保険に加入したけれど結局使わなかったということは喜ばしいことだと思って下さい。

 そして事業をする上で、必要な保障はあります。第11回でもご紹介したような事業の運転資金、借金の返済など、万が一のことが起こってしまったら遺された人はどうするんだろう? ということにしっかりと対処しなければなりません。

 ここで掛け捨て保険と積立保険の違いを簡単に。
《高橋昌也》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

    誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

  2. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  3. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

    ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  4. 国交省が専門工事会社評価にキャリアアップシステムを応用、抱える技能者で判断可能に

  5. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  6. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  7. 中堅企業の33%「兼業・副業OK」 大企業より柔軟/アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調査

  8. GAP普及強化。オリンピックに向け輸出増へ! 

  9. 【解決!社長の悩み相談センター】第3回:うちの売上だと設備投資はどれくらいまでがOK?

  10. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

アクセスランキングをもっと見る

page top