アシストスーツで農作物の出荷作業を楽に……アクティブリンクがデモ 画像 アシストスーツで農作物の出荷作業を楽に……アクティブリンクがデモ

IT業務効率

 三井物産(東京都千代田区)は14日、出資するベンチャー企業のアクティブリンク(奈良市)が9月から発売するアシストスーツの試作機を東京都内で報道機関向けに公開した。荷物を揚げ降ろしする作業時に腰への負担を減らすスーツで、農業や青果物の流通現場、工場などでの活用を想定している。

 本体を背負い、肩と腰、太ももにベルトで固定。モーターの力で上体を引き上げることで、腰に掛かる力を軽くする。最大15キロの力で補助するため、30キロの荷物であれば負担は半分になる。防水、防じん仕様で屋外の作業にも対応する。

 重量野菜や芋類、果樹などの生産現場でニーズが大きいとみる。価格は100万円程度の見込み。年間1000台の販売目標を掲げる。貸し出しにも対応する方向で、JA三井リースで導入する予定だという。

 三井物産は「地方自治体の農業担当部署からデモンストレーションの要請が多い。高齢農家の負担を軽減し、女性の活躍の場面を増やすことにも有効だ」と強調する。

重い荷物軽々と アシストスーツ公開 三井物産

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. 【人手不足にロボット:1】今日から成果が上がる現場は?

    【人手不足にロボット:1】今日から成果が上がる現場は?

  3. ヤフー、顧客企業とビッグデータやAIを活用する新規事業/日産自動車などと実証実験

    ヤフー、顧客企業とビッグデータやAIを活用する新規事業/日産自動車などと実証実験

  4. 「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

  5. 国交省、ICT土工の費用を事後精算可能に

  6. カートのタブレットで野菜の市況がわかる!/スーパーで新サービス

  7. 戸田建設が重機にICT活用/センサーで感知、作業員との接触防止

  8. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  9. 牧場・農場だけじゃないボブキャットのローダー――70種のアタッチメントで建設・工事にも

  10. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

アクセスランキングをもっと見る

page top