はとバス、秋の新ツアー発表……制服もモデルチェンジ 画像 はとバス、秋の新ツアー発表……制服もモデルチェンジ

インバウンド・地域活性

はとバスは、2015年秋期の東京・横浜観光バスツアー全113コースを発表した。前年より4コース増やして利用人員22万5600人を目指す。

秋季新商品としては、水位の異なる2つの河川を往来するための水上交通施設である「荒川ロックゲート」を見学するツアーを2コース設定する。江戸時代から続く荒川の水路探検を通して、荒川への理解を深めてもらうのが目的で、国土交通省の社会実験を兼ねている。

はとバスでは初めて、東京スカイツリーの天望回廊(地上450m)まで入場するツアーを2コース設定する。これまで天望デッキ(地上350m)までスムーズに入場できるツアーは14コースあった。その上にある天望回廊まで行くエレベーターを使用するためには待ち時間が必要なため、設定していなかった。今回のツアーでは特別に、スムーズに天望回廊へ入場をすることができる。

また、乗務員の冬服を7年ぶりにモデルチェンジする。創立70周年や東京オリンピック・パラリンピックを迎えるのを前に、「日本のおもてなし・絆、フォーマル感ある端正な装いのクラシックモダン」をテーマに「東京=はとバス」をアピールするデザインを採用する。実際の着用は10月上旬からの予定。

はとバス、今秋の東京・横浜観光バスツアーを発表…乗務員の冬服7年ぶりモデルチェンジ

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  3. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  5. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  6. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  7. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  8. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

アクセスランキングをもっと見る

page top