ASEAN大手外食企業との商談会……ジェトロが日本で開催、参加企業募集 画像 ASEAN大手外食企業との商談会……ジェトロが日本で開催、参加企業募集

マネジメント

マレーシアなどの有力な外食企業と日本での商談を実現ジェトロは、マレーシアやベトナム、インドネシアの外食産業を活発にリードしている有力企業を日本へ招へいして、ASEAN進出を検討している日本の外食業界の企業との商談会を開催すると発表した。これは、単独では実現が困難な、マレーシア・ベトナム・インドネシアの有力な外食企業の経営層と、日本に居ながらにして直接商談ができる貴重な機会である。具体的には、マレーシアからはアップルグループのIchiban Food & Beverages (M) Sdn. Bhd.、ベトナムからはTCT GroupのThienson Invesutment & Tourism JSCと、Golden Gate Trade & Service Jsc の2企業、インドネシアからはラマヤナグループの PT. Robina Putra Perkasaの経営層が来日し、商談会へ参加する予定である。商談会の概要商談会は10月に東京、名古屋、神戸で開催され、各会場20社程度の日本企業の参加を見込んでいる。参加費は無料だが、8月31日17時までにジェトロのサイトに登録した上で、サイト上から申し込む必要がある。申請時に添付する「企業プロフィール」を先方の企業へ事前に送付し、商談のニーズを確認後、ジェトロが商談スケジュールを設定するというプロセスとなり、選考結果は9月18日までに発表される予定である。詳細はジェトロホームページを参照のこと。(画像はジェトロのイベント案内書から)

ジェトロ、マレーシアなどASEANの外食産業有力企業との商談会への参加企業を募集

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

    移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  2. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

    中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

  3. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

    相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  4. 【中小企業の『経営論』】第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

  5. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  6. 中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに

  7. 最長7年間の防犯カメラ保守サービス、関東でスタート

  8. 半導体製造の業界再編進む――ルネサス、滋賀工場設備をロームに売却

  9. 公共工事の着工前の技術者配置、国交省が「余裕期間は配置不要」明確化

  10. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

アクセスランキングをもっと見る

page top