カシオ、タイ語・ベトナム語対応電子辞書発売、マレーシア語会話集も収録 画像 カシオ、タイ語・ベトナム語対応電子辞書発売、マレーシア語会話集も収録

IT業務効率

業界初のタイ語・ベトナム語辞典収録電子辞書カシオより発売カシオ計算機はメーカーシェアNo.1 (「2004年~2014年『電子手帳・辞書』メーカー別数量シェア」、GfK Japan調べ)の”エクスワード”シリーズの新製品として、タイ語・ベトナム辞典収録の小型電子辞書『XD-CV810』を8月21日より発売すると発表した。内蔵された初期コンテンツとしてタイ語・ベトナム辞典を収録した電子辞書は業界初(8月5日カシオ計算機調べ)となる。マレーシア語も含むASEAN五カ国と英語の旅行会話集も小型電子辞書『XD-CV810』にはコンパクトながら、タイ語・ベトナム語の発音がネイティブの声で再現される「ネイティブ発音機能」や、「タイ語を文字から検索できる機能」のほかに、マレーシア語を含むASEAN五カ国、つまりタイ語、インドネシア語、ベトナム語、フィリピン語に英語を追加した約10,000もの文例を収録しており、ASEAN圏内での旅行や、ビジネスの強い味方となってくれそうだ。発売日の8月21日には、この『XD-CV810』のほか、『XD-CV』モデルでは、中国語や韓国語などにそれぞれ特化したコンパクトモデル4機種。『XD-K』モデルでは、英語力向上を目的としたコンテンツが充実しているビジネスモデル『XD-K8700』などの2機種が同時発売される予定である。(画像はプレスリリースから)

カシオ、タイ語・ベトナム語対応電子辞書XD-CV810発売、マレーシア語会話集も収録

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付けがサイト集客増に!

    【AIで変わる経営:1】分析による裏付けがサイト集客増に!

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

  5. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  6. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  7. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  8. 【動画PRの成功術:3】講義をそのまま公開、顔の見える進学塾!

  9. 進むIoT化! 日清食品がIoTを活用した新工場建設を発表

  10. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

アクセスランキングをもっと見る

page top