カシオ、タイ語・ベトナム語対応電子辞書発売、マレーシア語会話集も収録 画像 カシオ、タイ語・ベトナム語対応電子辞書発売、マレーシア語会話集も収録

IT業務効率

業界初のタイ語・ベトナム語辞典収録電子辞書カシオより発売カシオ計算機はメーカーシェアNo.1 (「2004年~2014年『電子手帳・辞書』メーカー別数量シェア」、GfK Japan調べ)の”エクスワード”シリーズの新製品として、タイ語・ベトナム辞典収録の小型電子辞書『XD-CV810』を8月21日より発売すると発表した。内蔵された初期コンテンツとしてタイ語・ベトナム辞典を収録した電子辞書は業界初(8月5日カシオ計算機調べ)となる。マレーシア語も含むASEAN五カ国と英語の旅行会話集も小型電子辞書『XD-CV810』にはコンパクトながら、タイ語・ベトナム語の発音がネイティブの声で再現される「ネイティブ発音機能」や、「タイ語を文字から検索できる機能」のほかに、マレーシア語を含むASEAN五カ国、つまりタイ語、インドネシア語、ベトナム語、フィリピン語に英語を追加した約10,000もの文例を収録しており、ASEAN圏内での旅行や、ビジネスの強い味方となってくれそうだ。発売日の8月21日には、この『XD-CV810』のほか、『XD-CV』モデルでは、中国語や韓国語などにそれぞれ特化したコンパクトモデル4機種。『XD-K』モデルでは、英語力向上を目的としたコンテンツが充実しているビジネスモデル『XD-K8700』などの2機種が同時発売される予定である。(画像はプレスリリースから)

カシオ、タイ語・ベトナム語対応電子辞書XD-CV810発売、マレーシア語会話集も収録

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 首都高速会社が自動運転支援で異業種連携。3Dデータ×GISでインフラを点検

    首都高速会社が自動運転支援で異業種連携。3Dデータ×GISでインフラを点検

  2. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

    沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  3. 【ITで強い商店街を作る:1】地域ポイントサービスとその先

    【ITで強い商店街を作る:1】地域ポイントサービスとその先

  4. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  5. 【ICTが変える高齢化社会:5】介護者を支援する「パワードスーツ」

  6. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  7. 五輪需要が見込まれるブラジルの国際空港向けにICTシステムを構築……NEC

  8. サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

アクセスランキングをもっと見る

page top