メロンやブドウが出荷翌日に香港着……本日から受付開始 画像 メロンやブドウが出荷翌日に香港着……本日から受付開始

ライフ

 JA全農とイオン、ヤマト運輸、ANAカーゴは、メロンやブドウなど旬のブランド農産物が産地で出荷した翌日に香港の消費者まで届く仕組みを整えた。新たに立ち上げたイオンのウェブサイトで香港の消費者から注文を受け、全農が全国から農産物を調達、ヤマト運輸・ANAカーゴの物流ルートで輸出する。注文の受け付けは、13日から始める。農林水産物・食品の輸出額1兆円目標に向けた手立ての一つとして、農水省は日本の強みである高品質な農産物を鮮度を維持したまま、海外に売り込む考えだ。 イオンの子会社・イオンダイレクトのサイト「新鮮直送」で扱うのは、名産地の桃やメロン、ブドウ、梨、リンゴ、柿などの果実や米、水産物といったブランド産品。週ごとに注文を集計し、全農の子会社・全国農協食品(全農食品)に発注する。 全国の産地で出荷した翌日には、地方空港、那覇空港にある沖縄国際物流ハブ(沖縄物流拠点)、香港空港を通じて、国際クール宅急便で香港市内の消費者の自宅に届く仕組みだ。イオンは香港で日系小売業で最大の店舗数を持ち、現地の窓口にもなる。 香港は、日本の農林水産物・食品の最大の輸出先で、果実や野菜、米の輸出に植物検疫証明書が要らず、輸出しやすい。日本の果実はアジアで人気だが、劣化しやすいため産地から海外の消費者に早く届けられるかが勝負だ。農水省は、高品質な旬の農産物を新鮮なまま低コストで消費者に届けられる仕組みを検討。4社のそれぞれの強みを生かした連携を促した。 ヤマト運輸・ANAカーゴの両社は既に、沖縄物流拠点を使って香港に翌日配送できる物流ルートを持っている。ただ、個々の産地や業者による輸出では、小ロットで費用がかさむことが課題だ。今回の4社連携で、全農が全国から集めた農産物をまとめてコンテナに混載すれば、輸送費が割安になるメリットがある。 4社は今後、会員に月替わりで旬の農産品を販売する頒布会方式も視野に入れる。あらかじめ受注量が分かれば大量発送が可能になり、さらに輸送費削減が見込める。13日から香港で始まる総合食品見本市「フードエキスポ2015」で消費者へ取り組みをPRする。

出荷翌日 香港に宅配 きょう受け付け開始 農産物輸出で全農など

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

    【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

アクセスランキングをもっと見る

page top