洗濯してもヒールで踏んでも壊れないトランジスタチップ……産総研 画像 洗濯してもヒールで踏んでも壊れないトランジスタチップ……産総研

IT業務効率

 産業技術総合研究所(産総研)ナノチューブ実用化研究センターは12日、衣類のように柔らかく、ハイヒールで踏んでも洗濯しても壊れないトランジスタを開発したことを発表した。

 金属や酸化物のような硬い材料を使用せず、単層カーボンナノチューブ(単層CNT)、ゴム、ゲルといった柔らかい炭素系材料だけで構成されているのが特徴。単層CNTの電気的特性とネットワーク構造を利用して、伸縮性のある導電性単層CNTゴム複合材料をトランジスタの電極とした。これにより、布に近い柔らかさと丈夫さを実現した。

 ハイヒールで踏まれるという大きな圧力に対しても、壊れずに特性を維持することも確認済み。また、衣類に貼り付けることもでき、その場合は人体に合わせて変形するので、身体に負荷も与えないという。

 今後はトランジスタだけではなく、柔らかいセンサーやエネルギーデバイスと統合することで、生体センシングシステムや介護ロボットの皮膚など、医療用での活用が期待される。

ヒールで踏んでも壊れないトランジスタ、産総研が開発

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  3. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  4. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  7. ロボットトラクターで世界初の4台協調作業

  8. 【3Dプリンターと製造業:2】試作を超えた中小の活用術

  9. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  10. スマホの”マイク”を活用した製造工場向け屋内測位システムが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top