茨城特産のブドウで日焼け対策……ご当地化粧品開発 画像 茨城特産のブドウで日焼け対策……ご当地化粧品開発

インバウンド・地域活性

 ウィルトラスト(水戸市)とイル・ヴリール(東京都新宿区)は、茨城県の農産品であるブドウなどのエキスを配合した化粧品「アプローチシャイン」を共同開発、発売した。女性ゴルファーを意識した商品。洗顔せっけん1個とフェイシャルパック8個のセットで3780円(消費税込み)。初年度2400セットの販売を見込んでいる。 ウィルトラスト、イル・ヴリール両社が開発した化粧品には茨城県産品であるブドウ、くり、ニラネギ、柿のエキスを配合した。肌に日差しを浴びると、シミやソバカスの原因とされるメラニン色素が蓄積する。このメカニズムに着目し、抗酸化作用などがあるポリフェノールが含まれるエキスを抽出した。日焼けを気にする女性ゴルファー向けに展開する。 ウィルトラストが運営するゴルフ練習場2カ所、茨城にあるゴルフ場4コースのほか、茨城県産品を扱うアンテナショップ「茨城マルシェ」(東京都中央区)で販売する。製造はイル・ヴリールが担当する。今後、他のゴルフ場での販売や、関東の他県のご当地化粧品の共同開発も目指す。

女性ゴルファーの日焼け対策に!茨城の企業が「ご当地化粧品」提案

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 那覇市内はゆいレールに乗り換える「パーク&モノライド」構想――延伸工事が進む

    那覇市内はゆいレールに乗り換える「パーク&モノライド」構想――延伸工事が進む

  2. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  3. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  4. 羽田空港跡地第1ゾーン開発、16年2月の都計審に付議

  5. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  6. 大阪国際空港ターミナル改修が起工、施工は大林組

  7. 羽田空港跡地第2ゾーン、五輪までに宿泊施設開業へ!

  8. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  9. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  10. 【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は?

アクセスランキングをもっと見る

page top