茨城特産のブドウで日焼け対策……ご当地化粧品開発 画像 茨城特産のブドウで日焼け対策……ご当地化粧品開発

インバウンド・地域活性

 ウィルトラスト(水戸市)とイル・ヴリール(東京都新宿区)は、茨城県の農産品であるブドウなどのエキスを配合した化粧品「アプローチシャイン」を共同開発、発売した。女性ゴルファーを意識した商品。洗顔せっけん1個とフェイシャルパック8個のセットで3780円(消費税込み)。初年度2400セットの販売を見込んでいる。 ウィルトラスト、イル・ヴリール両社が開発した化粧品には茨城県産品であるブドウ、くり、ニラネギ、柿のエキスを配合した。肌に日差しを浴びると、シミやソバカスの原因とされるメラニン色素が蓄積する。このメカニズムに着目し、抗酸化作用などがあるポリフェノールが含まれるエキスを抽出した。日焼けを気にする女性ゴルファー向けに展開する。 ウィルトラストが運営するゴルフ練習場2カ所、茨城にあるゴルフ場4コースのほか、茨城県産品を扱うアンテナショップ「茨城マルシェ」(東京都中央区)で販売する。製造はイル・ヴリールが担当する。今後、他のゴルフ場での販売や、関東の他県のご当地化粧品の共同開発も目指す。

女性ゴルファーの日焼け対策に!茨城の企業が「ご当地化粧品」提案

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  7. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  8. 特産品のパッケージを一新して売上アップ!デザイン力で地域を活性化した事例集発売

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top