環境省、埼玉県のスマート水素ステーションに補助金 画像 環境省、埼玉県のスマート水素ステーションに補助金

インバウンド・地域活性

環境省は、2015年度の地域再エネ水素ステーション導入事業での補助事業者2次募集した結果、応募があった1件を採択したと発表した。

低炭素な水素社会を実現し、燃料電池自動車の普及・促進を図るため、再生可能エネルギー由来の水素ステーションの導入を加速させることが必要。同事業による補助金は、再生可能エネルギー由来の水素ステーションを導入する経費の一部を補助するもの。

7月16日から31日まで補助事業者を公募したところ、三井住友ファイナンス&リースが埼玉県にスマート水素ステーションの新設で応募し、採択された。

同社は既設の太陽光発電設備を活用してスマート水素ステーションを埼玉県に新設する。水素製造量は1日1.5kg、常用圧力が35MPa。

三井住友ファイナンス&リース、埼玉県のスマート水素ステーションに補助金…環境省

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング

  5. 富裕層インバウンドの法則その2

  6. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  7. 富裕層インバウンドの法則その1

  8. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  9. 【HCJ2016】万人受けを目指さない“庭のホテル東京の「おもてなし」”

  10. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

アクセスランキングをもっと見る

page top