【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」 画像 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

インバウンド・地域活性

 小麦粉、卵、砂糖を主原料とし、油で揚げてつくる伝統菓子、かりんとう。その起源は諸説あり、古くは奈良時代の貴族がかりんとうの原型となるお菓子を食べていたという。一般的にひろがりを見せたのは明治初期。そのころに登場したのが、馴染み深い黒糖を絡めた棒状のかりんとうだ。以降、さまざまな種類のかりんとうが発売されているが、今、岐阜の油問屋「山本佐太郎商店」が手がけた「大地のかりんとう」がヒットしている。発売3年でシリーズ累計30万個を売り上げ、オンラインショップでの販売は約4か月待ち。ヒット商品の開発にはどんなストーリーがあったのか。山本佐太郎商店4代目店主の山本慎一郎氏に聞いた。

■和菓子職人との出会い
 岐阜市内の飲食店約500店に食用油を卸す油問屋の老舗「山本佐太郎商店」。明治9年創業で約140年の歴史を持つ。1999年に先代の父が急逝し、山本氏は22歳で店を継ぐことになった。

 当時、山本佐太郎商店の従業員は5人ほど。山本氏は先代からの取引先を守りつつ、新たな取引先も増やしていき、順調に売り上げを伸ばしていった。ところが、食用油の原材料である菜種やトウモロコシ、麦などの高騰によって、次第にこれまでのやり方だけでは利益を上げるのが難しくなってきた。

 「利益は出ていたけれど、いつまで続くかはわからなかったので、常に危機感を持っていました」と山本氏は当時の心境を語る。何か新しいことを始めたいと思っていたときに出会ったのが、岐阜県内の和菓子職人、町野仁英氏だ。

 山本氏は町野氏の和菓子づくりへの情熱や、素材や製法、食感や味にいたるまで、一切の妥協を許さない姿勢に魅力を感じたという。

 「同い年で、音楽などの趣味も合う。ビジネスパートナーとしてというより、最初は友人として意気投合しました。いろんな話をしていくなかで、彼と一緒に仕事をしたいと考えるようになっていったのです」

■コストよりも品質を重視した商品づくり
 油問屋と和菓子職人が組んで何ができるか考えたところ、日本人に馴染み深い油菓子のかりんとうをつくってみようということになった。目指したのは、昔ながらの駄菓子としてのかりんとうではなく、これまでにないような新しいかりんとうだ。
《DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  4. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  5. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 富裕層インバウンドの法則その8

  9. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  10. 紙ではなく金網の折り紙!? 熟練職人の遊び心によるアイデア商品

アクセスランキングをもっと見る

page top