九十九里の有料道路無料化……かつての賑わいを取り戻せ

インバウンド・地域活性

千葉外房有料道路(軽車両等30円、9月30日まで無料)
  • 千葉外房有料道路(軽車両等30円、9月30日まで無料)
  • 千葉外房有料道路を自転車で走る(軽車両等30円、9月30日まで無料)
  • 海の駅 九十九里(千葉県山武郡九十九里町小関)
  • 津波避難タワー(千葉県山武郡九十九里町小関)
  • 千葉外房有料道路を自転車で走る(軽車両等30円、9月30日まで無料)
  • 海の駅 九十九里
  • 海の駅 九十九里
  • 東金九十九里有料道路
「想い出の九十九里浜」(Mi-Ke)が流れていたころのにぎわいは戻ってくるか。千葉県道路公社は、夏季限定(7月1日~9月30日)全7路線通行料金無料化の手ごたえについて「全体の交通量は前年同時期より1.7倍増加」と伝えた。

「観光客が増えたのに加え、一般道を使う地元のドライバーが有料道に流入していると思われる」と同社。九十九里有料道路など、海水浴場にアクセスする道や海岸線を行く道路がにぎわっているという。8月初旬、自転車で千葉外房有料道路(軽車両等30円、現在無料)を走ったときも、いつもよりクルマの数が多かった。

こうした無料化は、「国の地方創生交付金などを活用した、初めての試み」(同社)で、さらなる地域活性化や観光誘致へ向けた策のひとつ。

海岸沿いの自治体も動く。鉄道がない九十九里町に今春、新たな“駅”がオープンした。片貝漁港ちかくに建てられた「海の駅 九十九里」だ。同店のスタッフは、「地元の農産物や魚介類を手軽に味わって、九十九里を満喫して」と語りかける。

また、同町の関係者は、「このあたりは、鉄道がないのに新旧の“駅”がある。海の駅から1km半ほど離れた住宅街に片貝駅という九十九里鉄道のバス停がある。大正から昭和にかけて、この地を列車が走っていた時代があった。その名残も探してみて」と話していた。

いっぽう海の駅のとなりには、階段と床だけで構成された妙な建物がある。スタッフは、この建物について「あれは『津波避難タワー』。2013年に建てられたもの。2011年、この海の駅よりも陸側まで津波が押し寄せた」と教えてくれた。海水浴客が減少するなか、陸側での新たな取り組みが試されている。

にぎわい戻るか千葉・九十九里…有料道ゼロ円化、陸側の新たな試み

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

    東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  3. 盛岡市の簗川ダムで堤体コンクリ打設開始、品質確保を図る

    盛岡市の簗川ダムで堤体コンクリ打設開始、品質確保を図る

  4. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 東京都・勝どき東地区再開発、大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路を新設

  8. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top