届出と違う通勤方法の事故は労災の対象になる? 画像 届出と違う通勤方法の事故は労災の対象になる?

制度・ビジネスチャンス

自宅から会社に行くまでにかかった交通費は、通勤手当として支給されています。この通勤手当が支給されるためには、会社にどのような経路でどのような交通機関を利用するのか届け出る必要があります。例えば、電車やバス、自転車、マイカーの人もいるかもしれません。

この通勤経路の途中で災害に遭ってケガをしたり病気になった場合、会社に届け出ることにより、労災保険の対象となり、給付金が支給されます。自己負担なしで労災指定病院の治療を受けたり、さらに会社を休んでお給料をもらえない時には休業給付金が支払われるのです。

しかし、会社には電車での通勤を届け出ているのに、家族にマイカーで会社まで送ってもらって、その途中に事故に遭った場合はどうなるのでしょう?
「会社に届け出ているのと違う乗り物なので、労災の対象にならない」と思っていませんか?

実は、会社に届け出ている通勤方法と異なっても、それが合理的な経路であれば、労災の対象となるのです。合理的な経路とは、電車通勤がマイカーになってもかまいませんが、それが遠回りをしないで、一番近い経路で会社に行くということです。会社からの帰りに食事やデパートに寄り道をして、そのために通勤と違う乗り物を使用したような場合は、合理的な経路でないことは言うまでもありません。また、たまたま雨が降ったので電車ではなく自分でマイカーを運転して会社に行く場合、お酒を飲んでいたり、無免許だった場合は労災の対象にはなりません。

ここで注意をしていただきたいのは、会社に届け出ている通勤方法と異なっても労災の対象になるということだけです。異なる通勤方法が日常的であれば、会社に虚偽の申請をしていることになり、就業規則で何らかの処罰の対象になるかと思います。「電車通勤します」と会社に届け出て、実際には自転車通勤をしていて途中で災害に遭った場合、会社から今までの通勤手当代を全額返せと言われ、さらには自宅謹慎処分を科せられるかもしれません。

会社に届け出た通勤方法と異なることは、日常的でないことにこしたことはありません。

いつもと違う通勤方法で会社に行っても労災の対象に!

《菅田 芳恵》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

    【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  2. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

    JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  3. 建設業界、「人手不足」は根拠がない話

    建設業界、「人手不足」は根拠がない話

  4. 東京23区内の大規模建築計画上昇中!最多はやっぱりあの区!?

  5. 「ダブル連結トラック」はドライバー不足解消につながるのか?

  6. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  7. ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

  8. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  9. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

  10. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

アクセスランキングをもっと見る

page top