日立キャピタル、クアラルンプール支店開設……現地企業の金融サービス拡大 画像 日立キャピタル、クアラルンプール支店開設……現地企業の金融サービス拡大

制度・ビジネスチャンス

支店開設と社名変更を同時に日立キャピタル株式会社は10日、中長期的な成長を計る上で最重要に考えている、ASEAN域内での事業拡大のため、クアラルンプール支店を新規開設すると共に、連結子会社・First Peninsula Credit Sdn.Bhd.の名称をHitachi Capital Malaysia Sdn.Bhd.に変更することを発表した。日立キャピタルは、ペナン州を中心に2011年からマレーシアでの事業を始めた。また、2014年にはジョホール州にも進出し、地元マレーシアや日本の企業に金融サービスを提供してきた。最大市場への進出とブランディング効果クアラルンプール支店は、ペタリンジャヤのクアラルンプール経済地域に置かれるが、日立キャピタルは、このマレーシア最大市場への進出と、社名変更によるブランディング効果で、事業の成長と拡大をこれまで以上に狙うことになる。ASEAN地域での更なる展開を目指し日立キャピタルは既にASEAN域内ではタイ、シンガポール、インドネシアでサービスを行っているが、今回のマレーシアに加えてベトナム、カンボジア、ミャンマーやフィリピンでのサービスも検討している。(画像は日立キャピタル株式会社ホームページより)

日立キャピタル、事業拡大に向けKLに支店開設

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

    朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

    【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  4. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  5. ポスト五輪、建設市場もインバウンド需要で。極端な落ち込みなしの予測

  6. 【中小企業の『経営論』】第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  7. 国交省が指名停止期間中の工事下請禁止ルール解釈を明確化、元請への資材販売は可能

  8. 熊本地震からいち早く営業再開した「蘇山郷」、復活までのすべて

  9. 自民、「地域の守り手」維持へ予算確保

  10. earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

アクセスランキングをもっと見る

page top