日立キャピタル、クアラルンプール支店開設……現地企業の金融サービス拡大 画像 日立キャピタル、クアラルンプール支店開設……現地企業の金融サービス拡大

制度・ビジネスチャンス

支店開設と社名変更を同時に日立キャピタル株式会社は10日、中長期的な成長を計る上で最重要に考えている、ASEAN域内での事業拡大のため、クアラルンプール支店を新規開設すると共に、連結子会社・First Peninsula Credit Sdn.Bhd.の名称をHitachi Capital Malaysia Sdn.Bhd.に変更することを発表した。日立キャピタルは、ペナン州を中心に2011年からマレーシアでの事業を始めた。また、2014年にはジョホール州にも進出し、地元マレーシアや日本の企業に金融サービスを提供してきた。最大市場への進出とブランディング効果クアラルンプール支店は、ペタリンジャヤのクアラルンプール経済地域に置かれるが、日立キャピタルは、このマレーシア最大市場への進出と、社名変更によるブランディング効果で、事業の成長と拡大をこれまで以上に狙うことになる。ASEAN地域での更なる展開を目指し日立キャピタルは既にASEAN域内ではタイ、シンガポール、インドネシアでサービスを行っているが、今回のマレーシアに加えてベトナム、カンボジア、ミャンマーやフィリピンでのサービスも検討している。(画像は日立キャピタル株式会社ホームページより)

日立キャピタル、事業拡大に向けKLに支店開設

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 葬儀件数増も規模は縮小、葬祭ビジネス市場はどうなる?

    葬儀件数増も規模は縮小、葬祭ビジネス市場はどうなる?

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(後編)

    『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(後編)

  4. ■ニュース深堀り!■コンパクトシティー、地元企業に商機は?

  5. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  6. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  7. 生鮮品宅配に異業種続々! 外食チェーン、家電量販が参入

  8. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  9. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  10. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

アクセスランキングをもっと見る

page top