バキューム方式のNC旋盤でクリーンな生産ライン…ボッシュ栃木工場 画像 バキューム方式のNC旋盤でクリーンな生産ライン…ボッシュ栃木工場

インバウンド・地域活性

ボッシュが同社栃木工場の内部を報道陣に公開した。

ボッシュはドイツ・ブライヒャッハをはじめ、フランス・ムーラン、ロシア・サマラ、米国・チャールストン、メキシコ・アグアスカリエンテス、ブラジル・カンピーナス、中国・成都/蘇州、タイ・アマタ、インド・チャカンなど全世界に工場を有し、栃木工場はABS/ESPユニット、吸気圧センサーの生産拠点になっている。

佐野博文・工場長によれば、世界中で製造されたパーツが同工場のシャシー事業部に集結され、最終的な組み立てがおこなわれる重要拠点とのこと。

公にされたのは、ABSのハウジング加工と組み立てラインの一部で、工場内は床も壁も機械も、そして従業員らの服装も驚くほどクリーン。佐野工場長によると、「NC旋盤の改良」が大きな効果をもたらしたという。

切削時に発生する切り粉や切削油をエアで吹き飛ばす昔ながらの方法を、バキューム方式に変更することによって、床に切りくず1つ落ちていない清潔な組み立てラインを実現し、生産効率を高める一因にもなった。

また、不良品が工場内で見つかったときには原因を徹底追求し、その度に確実な対策を講じてきた結果、「不良品は1か月に1点出るかどうか」というレベルに達している。

こうした積み重ねにより、納入先の各自動車メーカーから厚い信頼と高評価を受け、数多くのアワードを受賞するにいたった。

敷地面積12万5022平方メートル、建床面積3万4172平方メートルを誇る栃木工場は、栃木県那須塩原市にある。

NC旋盤の改良でクリーンな生産ラインを実現…ボッシュ栃木工場

《青木タカオ》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  2. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  3. 神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

    神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

  4. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】大手外資を相手にシェア2割をとる群馬の中小企業

  10. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

アクセスランキングをもっと見る

page top