クアラルンプールで大規模デモ……経済紙発行停止を受けて 画像 クアラルンプールで大規模デモ……経済紙発行停止を受けて

海外進出

経済誌2誌の発行停止措置への反対デモ8日、クアラルンプール市内のセントラルマーケット外側に数百名の人々が集まり、報道の自由と政府に発行停止命令を下された経済誌2誌の処分取り消しを求めて、バー協議会本部近くまで行進した。発行停止命令を受けたのは「the Edge business weekly」と「The Financial Daily」の2誌。マレーシア政府ファンド1MDBの汚職問題を繰り返し報じたため、7月27日より3ヶ月間発行が停止されている。デモ参加者の中にはバー協議会の元代表で、人権活動家のAmbiga Sreenevasan氏も含まれる。参加者は政府による報道の自由、表現の自由、知る権利の侵害を通してメディアが受けた「青あざ」を象徴する、青と黒の衣裳を身に纏った。参加者は「メディアを解放しろ」、「私たちはメディアをサポートする」等と書かれたプラカードを持ち行進した。また、Malaysiakiniの元編集者であるFathi Aris Omar氏は群衆をリードし「メディアを解放しろ」「1MDB問題を報道することを恐れるな」と繰り返し訴えた。発行停止命令を下した大臣は副首相へ内務省のAhmad Zahid Hamidi大臣は2誌の発行停止命令を出した数日後、副首相へと昇進した。Hamidi氏は2誌のような動きをするメディアに対し、警告することなく対抗措置を取ると述べた。また、政府は発行停止命令を出す1週間前、マレーシア市民のSarawak Reportへのインターネットアクセスを遮断するよう命令した。同レポートも1MDB問題を扱ったもので、企業から漏洩したメール内容や、政府関係者から入手した情報が含まれていた。(画像はイメージです)

報道の自由を求めて クアラルンプールで大規模デモ

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 変わりゆくタイ。韓国資本による大規模な投資

    変わりゆくタイ。韓国資本による大規模な投資

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. 【国産家具を世界へ!:2】インバウンドを世界市場につなげる

  5. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  6. 【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

  7. 自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

  8. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  9. みちのくプロレス、バンコクで興行、ダンプ松本も参戦!

  10. ライト工業がベトナムに合弁会社を設立、地盤改良で事業展開

アクセスランキングをもっと見る

page top