握ったシャリのパックが海外でヒット……寿司ネタ載せるだけ 画像 握ったシャリのパックが海外でヒット……寿司ネタ載せるだけ

インバウンド・地域活性

 JAあいち経済連が開発した、握った形のすし飯パック「シャリ持慢(じまん)」が海外で販売を伸ばしている。5月からはオランダへの年間ベースの販売量が、倍の約3万パック(1パック=1貫20グラム×10貫)に増加。和食人気を追い風に米国へ売り込む他、JA系統を通じて欧州やアジア各国への販路拡大も目指す。常温保管で賞味期限が半年あり、電子レンジで加熱して冷ますだけで使える。冷凍の競合品より輸送コストが抑えられるのが売りだ。国内では手間を掛けずメニューに一品加えたい居酒屋などでの利用が多い。オランダではスーパーの販売から、魚市場での取り扱いにも波及したという。「シャリ持慢」に使っている米は、大粒で程よい粘りが酢飯に適している愛知県産「あいちのかおり」。スーパー向けの酢飯を中心に製造・販売する、あいち経済連炊飯加工センターが2009年に開発した。国内では店頭に1パック220円前後(税別)で並んでいる。売り出した当初の賞味期限は1カ月だったが、密閉できる包材などを検討し、翌年には半年保存できるように改良。12年には輸出を視野に英語と中国語、韓国語の説明を載せたパッケージを作った。オランダには13年から出荷している。あいち経済連米穀部の鳥居真木パールライス2課長は「味の検討を繰り返してできた自信作だ。常温で長期間保存できることをアピールし、海外へ愛知の米を売り込みたい」と展望する。

ネタ載せるだけ 握ったすし飯パック 海外でヒット 常温長期保存が可能 あいち経済連 

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  2. 渋谷区宇田川町計画(大規模複合ビル)、井の頭通りが変わるか?

    渋谷区宇田川町計画(大規模複合ビル)、井の頭通りが変わるか?

  3. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

    泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  4. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  9. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】大手外資を相手にシェア2割をとる群馬の中小企業

アクセスランキングをもっと見る

page top