【解決! 社長の悩み相談センター】第12回:「定款」はどうやって作ればよい? 画像 【解決! 社長の悩み相談センター】第12回:「定款」はどうやって作ればよい?

制度・ビジネスチャンス

今回の回答者:植田秀史 税理士・中小企業経営革新等支援機関・MBA

質問:
 会社を設立することにしましたが、司法書士に定款を決めてほしいと言われました。定款はどのような点に注意して決めればいいのでしょうか。

回答:
 定款とは、会社の目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本的な規則を定めたものです。定款は会社の設立手続き上、必ず作成することになっています。

 新しく会社を設立する場合、定款のひな形となる「モデル定款」が、法務省のホームページ(関連リンク参照)にありますので、これを参考にするのがもっとも早いと思われます。

 この中から、例えば一人で創業する場合には、「株式会社設立登記申請書(取締役会を設置しない会社の発起設立)」というところから申請書様式をダウンロードすると、モデル定款をダウンロードできます。

 そして、以下のようないくつかの点を検討して定款を作っていくことになります。

1 事業
 会社が営む事業がどのようなものか、つまり事業目的を記載します。その会社が何をする会社かはもう決まっていると思いますが、定款に記載するときはその関連事業も含めて、やや広めに事業を規定します。これもネットで検索するとサンプルを提供しているサイトがたくさん見つかりますので、これらを参考にするとよいでしょう。

2 株式数
 これについては特に規定はありませんが、例えば資本金が100万円なら、これに合わせて一株1万円で100株などとすることが多いようです。

3 株式の譲渡制限
 会社の株式について、「当会社の株式を譲渡により取得するには,当会社の承認を受けなければならない。」という制限を設けることを譲渡制限といいます。
《植田秀史》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/後編

    農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/後編

  2. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

    ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  3. 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/前編

    農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/前編

  4. ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

  5. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  6. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  7. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  8. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  9. 【防災という新ビジネス:4】デザインで日常使いも可能にする

  10. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

アクセスランキングをもっと見る

page top