広島電鉄、増収営業増益…2015年4~6月期決算 画像 広島電鉄、増収営業増益…2015年4~6月期決算

マネジメント

広島電鉄は8月10日、2015年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。営業利益は前年同期比2.5%増の4億5700万円と小幅増益だった。

売上高は、運輸業や不動産業、建設業、レジャー・サービス業が順調で、同4.5%増の100億9300万円と増収だった。

このうち運輸業は、鉄軌道事業が輸送人員の増加で増収となった。自動車事業も一般路線の輸送人員が増加したのに加え、貸切バスの運賃改定による効果もあって増収となった。海上運送業は団体客の減少で減収となったほか、航空運送代理業では、広島空港での航空機事故の影響から減収となった。

経常利益は同7.3%増の4億2900万円と増益だった。純利益は、「広島八丁堀共同プロジェクト」(仮称)で第二広電ビルの建替えに伴う固定資産除却損が発生した影響から同53.1%減の1億5100万円と減益だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

広島電鉄、運輸業など好調で増収営業増益…2015年4~6月期決算

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 手間とコストを削減! 個人事業主向け振込代行サービスが登場

    手間とコストを削減! 個人事業主向け振込代行サービスが登場

  2. 事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

    事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

  3. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

    不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  4. 郵政vsヤマト・佐川、熾烈なメール便戦争に勝者はいるのか?

  5. 中国語担当者がいない日本企業も「中国輸出ビジネス」が可能に

  6. 小売業界にとって魅力的な海外進出先ランキング!

  7. 西松屋チェーンに買いたたき違反、中企庁が公取委へ措置請求

アクセスランキングをもっと見る

page top