広島電鉄、増収営業増益…2015年4~6月期決算 画像 広島電鉄、増収営業増益…2015年4~6月期決算

マネジメント

広島電鉄は8月10日、2015年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。営業利益は前年同期比2.5%増の4億5700万円と小幅増益だった。

売上高は、運輸業や不動産業、建設業、レジャー・サービス業が順調で、同4.5%増の100億9300万円と増収だった。

このうち運輸業は、鉄軌道事業が輸送人員の増加で増収となった。自動車事業も一般路線の輸送人員が増加したのに加え、貸切バスの運賃改定による効果もあって増収となった。海上運送業は団体客の減少で減収となったほか、航空運送代理業では、広島空港での航空機事故の影響から減収となった。

経常利益は同7.3%増の4億2900万円と増益だった。純利益は、「広島八丁堀共同プロジェクト」(仮称)で第二広電ビルの建替えに伴う固定資産除却損が発生した影響から同53.1%減の1億5100万円と減益だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

広島電鉄、運輸業など好調で増収営業増益…2015年4~6月期決算

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 女性社員を“コア人材”に!各社が取り組む「女性活躍推進」の現状

    女性社員を“コア人材”に!各社が取り組む「女性活躍推進」の現状

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 覆工コンクリ剥落防止工法、西松建設とアオイ化学工業が共同開発

    覆工コンクリ剥落防止工法、西松建設とアオイ化学工業が共同開発

  4. 日本コムシスがBEMS事業に参入

  5. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  6. 【解決! 社長の悩み相談センター】第9回:株式会社と合同会社の違いって何?

  7. 規制強化はディーゼル車離れを起こす?……欧州自工会

  8. 極東開発、新型4トンスイング式脱着ボデー車を発売

  9. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  10. 常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

アクセスランキングをもっと見る

page top