農水省が国産米・果実などを香港へ宅配、イオンやヤマト運輸など4社共同 画像 農水省が国産米・果実などを香港へ宅配、イオンやヤマト運輸など4社共同

インバウンド・地域活性

 農林水産省は、日本の農林水産物を香港で宅配予約販売する事業を発表。13日からネット上で予約を開始し、順次注文に応じて香港の消費者に宅配していく。

 今回の事業は、民間企業4社と共同で取り組む。イオングループでネット通販事業を展開するイオンダイレクトは、サイトの構築とネット販売を担当。さらに、現地法人のイオン香港と協業してのPR及び販売促進に加え、国産農産物の安全性についての現地でのPR(農林水産省と連携)を行う。

 一方、全国農協食品は国産米及び生鮮果物等を調達。ヤマト運輸は国内産地から近隣地方空港までの陸送、及び国際クール宅急便による香港市内の消費者への宅配を手掛ける。ANA Cargoは沖縄国際物流ハブを活用し、全国各地の空港から香港までの空輸を担う計画だ。

 この仕組みによって、同事業では注文後の翌日配送を実現している。宅配の対象商品は、北海道産メロン、青森県産りんご、山梨県産ブドウなどの果物と、長崎県つや姫、新潟県産こしひかり、秋田県産あきたこまちといった米のほか、香港でニーズの高い乾燥なまこやアワビなど。

 同省では農林水産物の輸出1兆円を目標としており、新鮮で高品質な状態のまま迅速かつ低コストで海外の消費者に届ける仕組みが求められている。今回の事業はその一環として注目されることになるだろう。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

    福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  4. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  5. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  8. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

アクセスランキングをもっと見る

page top