横浜市と金融機関が行政情報をオープンデータ利活用、まずはダブルケア支援に 画像 横浜市と金融機関が行政情報をオープンデータ利活用、まずはダブルケア支援に

インバウンド・地域活性

 横浜市、横浜信用金庫(横浜信金)、日本ユニシスの3者は11日、行政の情報をオープンデータとして利活用する地域活性化プロジェクトを発足。今後は実証実験に取り組んでいくと発表した。

 同プロジェクトは今年度のテーマとして、親世代の介護と子供の育児が同時進行している「ダブルケア」に注目。ダブルケアの負担を抱える市民に向けて介護、保育、家事代行を提供するサービス事業者のサポートを行う。

 三者の位置づけとして、横浜市は「オープンデータの活用に先進的な地方公共団体」として、「効率的、継続的な行政情報の提供と市内各種団体との調整」を担当する。一方、横浜信金は「横浜市に本店を構える、住民や企業と接点の深い地域金融機関」として、「オープンデータを事業者の経営支援などの取り組みに利活用」。日本ユニシスは「ビジネスソリューションを提供するITサービス企業」として、「横浜市と横浜信金との情報連携事業モデルを構築。オープンデータの安全かつ効率的な利用のためのITシステムを構築」という役割を担う。

 同事業は、総務省の調査事業「平成27年度オープンデータ・ビッグデータ利活用推進事業」の一環で、「地方創生に資するデータ活用プラン」事業に採択されている。行政情報のオープンデータを利活用し、既存サービスの向上や新規サービスの創出を図り、市民生活の質を高めることが狙いとなる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  2. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  3. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

  6. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  7. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top