都道府県別食料自給率は米どころが軒並み低下、13年度生産額ベース、価格下落が直撃 画像 都道府県別食料自給率は米どころが軒並み低下、13年度生産額ベース、価格下落が直撃

インバウンド・地域活性

 農水省が公表した2013年度の都道府県別の食料自給率で、東北地方をはじめとする米どころの生産額ベース自給率が、軒並み前年度を下回っていたことが明らかになった。米価下落のあおりを受け、各県の農業生産額が落ち込んだためだ。14年度はさらに米価が下がっており、大きな不安を残している。一方、宮崎、鹿児島は畜産業が好調で、自給率を引き上げた。 全国の13年度の生産額ベース自給率は、前年度比2ポイント減の65%。この減少の要因の一つが米価下落だ。特に米どころで落ち込みが目立つ。同省によると青森や秋田、山形といった東北地方に加え、佐賀や香川など12県が影響を受けた。同省は「米が基幹品目なだけに、米価下落が自給率低下につながった」(食料安全保障課)と分析する。 生産額ベースが最も下がったのは、同18ポイント減の和歌山。同省は特産である梅の生産量が少なかったとみる。次に下げ幅が大きかったのは高知(同17ポイント減)だった。 一方で畜産県は自給率が上がった。最も伸びたのは宮崎(同14ポイント増)で、鳥肉の生産額が大きく増えたことが後押しした。鹿児島(同4ポイント増)は牛肉が好調だった。また、両県ともサツマイモなどの生産量が増えたたため、カロリーベースも前年度を上回った。

都道府県別食料自給率 米どころ軒並み低下 13年度生産額ベース 価格下落が直撃

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  3. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  4. 宮城県利府町の文化複合施設建設、図書館やホールに円形のカフェも

  5. 地方の農家にこそブランディングが必要、その理由とは?

  6. 奥山デザイン、担い手農家向け大型トラクター……ヤンマー

  7. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  8. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  9. 東京・十条駅西口地区再開発、早期の組合設立へ区に要望書

  10. 川崎・キングスカイフロント、客室200室のホテル建設!

アクセスランキングをもっと見る

page top