都道府県別食料自給率は米どころが軒並み低下、13年度生産額ベース、価格下落が直撃 画像 都道府県別食料自給率は米どころが軒並み低下、13年度生産額ベース、価格下落が直撃

インバウンド・地域活性

 農水省が公表した2013年度の都道府県別の食料自給率で、東北地方をはじめとする米どころの生産額ベース自給率が、軒並み前年度を下回っていたことが明らかになった。米価下落のあおりを受け、各県の農業生産額が落ち込んだためだ。14年度はさらに米価が下がっており、大きな不安を残している。一方、宮崎、鹿児島は畜産業が好調で、自給率を引き上げた。 全国の13年度の生産額ベース自給率は、前年度比2ポイント減の65%。この減少の要因の一つが米価下落だ。特に米どころで落ち込みが目立つ。同省によると青森や秋田、山形といった東北地方に加え、佐賀や香川など12県が影響を受けた。同省は「米が基幹品目なだけに、米価下落が自給率低下につながった」(食料安全保障課)と分析する。 生産額ベースが最も下がったのは、同18ポイント減の和歌山。同省は特産である梅の生産量が少なかったとみる。次に下げ幅が大きかったのは高知(同17ポイント減)だった。 一方で畜産県は自給率が上がった。最も伸びたのは宮崎(同14ポイント増)で、鳥肉の生産額が大きく増えたことが後押しした。鹿児島(同4ポイント増)は牛肉が好調だった。また、両県ともサツマイモなどの生産量が増えたたため、カロリーベースも前年度を上回った。

都道府県別食料自給率 米どころ軒並み低下 13年度生産額ベース 価格下落が直撃

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. いわき市のスパリゾートハワイアンズ、新規開発の未来化構想はじまる!

    いわき市のスパリゾートハワイアンズ、新規開発の未来化構想はじまる!

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 富裕層インバウンドの法則その4

  6. 中部縦貫道・高山清見道路上野第二トンネル工事、市街地の渋滞緩和や物流効率化へ

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

アクセスランキングをもっと見る

page top