マレーシアがより身近に!ANA、成田-クアラルンプール線を9月1日新規就航 画像 マレーシアがより身近に!ANA、成田-クアラルンプール線を9月1日新規就航

海外進出

片道約7時間の空の旅ANAは9月1日より新しく成田-クアラルンプール線を就航させる。予約は1月27日から開始されている。飛行時間は片道約7時間。機体はボーイング787-8を使用し、薄型タッチパネル式液晶モニターをビジネス、エコノミー両クラスともに備える。ビジネスクラス42席、エコノミークラス198席の計240席。エコノミークラスの座席のピッチ幅は31インチ(約79)で、足下スペースを最大限に確保できるよう工夫されている。スケジュールは以下の通り5万円を切るお手頃価格気になるお値段は6月9日から8月31日までの期間限定販売価格(エコノミークラス)で48,600円~とお手頃な料金設定となっている。成田-クアラルンプール線は、以前バンコク経由で運航してきたが、ANAが掲げる羽田・成田の「デュアルハブ戦略」の推進のため、14年ぶりに1日1往復で再開する。

ANA 成田-クアラルンプール線 9月1日新規就航

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. 自動車輸出、中近東市場で普通乗用車需要が拡大――自工会、14年度自動車輸出実績発表

    自動車輸出、中近東市場で普通乗用車需要が拡大――自工会、14年度自動車輸出実績発表

  4. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  5. クアラルンプールの「ジャパンストア」、2月レストランフロアをオープン

  6. 不動テトラ、インドネシアを拠点にアジア全域積極展開

  7. 東急建設がバングラデシュ初となる都市高速鉄道、請負額80億円

  8. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  9. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

アクセスランキングをもっと見る

page top