アメリカがマレーシアに問題提起、言論の自由に懸念 画像 アメリカがマレーシアに問題提起、言論の自由に懸念

海外進出

ケリー国務長官 ナジブ首相に問題提起6日、米国は、マレーシアにおける言論の自由についての懸念を表明した。マレーシアを公式訪問していた、米国ジョン・ケリー国務長官は、マレーシア政府がメディア全体への規制を強化すると発表したことを受け、訪問中に、アンワル・イブラヒム氏に関する件と、言論の自由についての懸念をナジブ首相に提起したと述べた。民主主義国家、法治国家としてのあるべき姿この米国の懸念とは具体的には以下の出来事を指している。国営投資会社1Malaysia Development Berhad (1MDB)についての情報漏洩が続き、マレーシア政府が、経済紙The Edge Malaysiaの差し止めと、ニュースサイト サラワクレポートへのアクセスを制限した。そして、元側近に対する性犯罪で5年間の刑に服しているアンワル氏の件では、野党支持者や人権擁護団体が、その判決に政治的な介入があったと主張したことで、米国をはじめとする各国で多くの批判や懸念が高まった。また、米国ジョー・バイデン副大統領は、昨年12月、アンワル氏の判決前に、これを『野党をおとなしくさせるための抑圧的な行為』としたが、マレーシアがこの件を通じ、民主主義国家、法治国家としてのあるべき道を進むことを期待しているとした。(画像は1MDBホームページより)

米国 言論の自由に懸念

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

    リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

  4. フィリピンの電動トライク事業、渦潮電気が約36億で受注

  5. ホテルオークラ、ベトナム・ホーチミン市で2020年開業

  6. 【Sakeの海外戦略:7】ワインのインフラを通じて世界へ

  7. 三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

  8. 星野リゾートが来年1月、ウブドに「星のやバリ」を開業

  9. エイブル、アジア進出を加速。ジャカルタとバンコクに新たな海外店舗

  10. 「親日国」通用せず。JICAがテロ対策で企業の支援強化

アクセスランキングをもっと見る

page top