さらなる成長を目指して、新しい納車前整備ヤードを建設!ホンダマレーシア 画像 さらなる成長を目指して、新しい納車前整備ヤードを建設!ホンダマレーシア

海外進出

6,000台のキャパシティー6日、自動車メーカー大手ホンダマレーシアは新しい納車前整備(PDI)ヤードをマラッカ州ペゴーに建設したと発表した。投資額は1,500万リンギ以上。これでホンダのPDIヤードは3つになる。この新しい第3PDIヤードは車の運搬スピードを速め、昨年の1月に建設した第2製造ラインとともに、生産量の増加と売り上げの増加に大きく貢献することになる。既存の第1PDIヤードと第2PDIヤードは新しい車の受け入れ、アクセサリーの取り付け、内外装の検査に使用される。第3PDIヤードは50エーカーの広さを持ち、ペゴー工場の真向かいに位置する。6,000台のキャパシティーがあり、中心的な新車配送センターとして使用される。加えて、ホンダは第1PDIヤードから第3PDIヤードへの搬送時間を短縮するために、700万リンギ以上をかけてAlor Gajah地域で初となる車両輸送用オーバーヘッドブリッジを建設した。目標の半分はすでに達成済み同社の最高責任者の上野 洋一郎氏はと述べた。2015年の売り上げ目標は85,000台だが、6月末時点ですでに目標の51%を達成しており、市場シェアは13.5%を占める。(画像はプレスリリースより)

さらなる成長を目指して、新しい納車前整備ヤードを建設 ホンダマレーシア

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

    パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

  2. イチゴの長距離船便に対応するパッケージ。鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

    イチゴの長距離船便に対応するパッケージ。鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

  3. 国交省、カンボジアの「建設法案」整備に向け現地で意見交換会 11月5-6日

    国交省、カンボジアの「建設法案」整備に向け現地で意見交換会 11月5-6日

  4. タイの自動車整備工具業界が活況! 背景には中間層の勃興

  5. マレーシア~シンガポール間の高速鉄道に各国企業が関心

  6. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  7. 変わりゆくタイ。韓国資本による大規模な投資

  8. ちよだ鮨、ベトナムに日本料理店。持ち帰りではなく、レストラン業態で

  9. クアラルンプールの「ジャパンストア」、2月レストランフロアをオープン

  10. 日産がミャンマーで「サニー」の生産開始、市場拡大へ

アクセスランキングをもっと見る

page top