北海道・厚幌ダムで定礎式開く、17年度の完成めざす 画像 北海道・厚幌ダムで定礎式開く、17年度の完成めざす

インバウンド・地域活性

 北海道が厚真町で建設を進めている厚幌ダムの定礎式が8日に現地で開かれた。高橋はるみ知事や、本体工事を受注した安藤ハザマ・岩田地崎建設・田中組JVの関係者ら約230人が出席し、これから本格化する本体工事の安全を祈願した。総事業費は約360億円。17年度の完成を目指す。定礎式に先立って行われた修ばつ式では、高橋知事、厚真町の宮坂尚市朗町長、国土交通省北海道局の岡部和憲局長、北海道開発局の本田幸一局長、北海道建設部の名取哲哉部長らが玉串を捧げ、工事の無事を祈った。
 定礎の儀では、北海道室蘭建設管理部厚幌ダム建設事務所の岡部泰範所長らが礎石を搬入し、高橋知事らが鎮定の儀、本田局長、名取部長らが齋鏝の儀、胆振総合振興局の小玉俊宏局長、安藤ハザマの小野俊雄代表取締役会長、岩田地崎建設の岩田圭剛社長、田中組の阿部芳昭社長が齋槌の儀をそれぞれ行い、礎石の据え付けを完了。埋納の儀では本田局長らが打設ボタンを押し、コンクリートを流し込んだ。厚幌ダムは、洪水調節、流水の正常な機能の維持、かんがい用水、水道用水の供給を目的に、厚真川総合開発事業の一環として厚真川水系厚真川の厚真町幌内地先に建設する多目的ダム。堤高47・2メートル、堤頂長516メートル、堤体積48万0500立方メートル、総貯水容量4740万立方メートルで、ダム形式は台形CSGダム。

北海道/厚幌ダム(厚真町)で定礎式開く/17年度の完成めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  2. 東京都・勝どき東地区再開発、大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路を新設

    東京都・勝どき東地区再開発、大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路を新設

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

    【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  6. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  7. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  10. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

アクセスランキングをもっと見る

page top