福島県、橋梁点検サポーターに自治体OBら6人選定、9月から橋梁点検を実施 画像 福島県、橋梁点検サポーターに自治体OBら6人選定、9月から橋梁点検を実施

インバウンド・地域活性

 福島県は、「橋梁点検サポーター」を建設事務所ごとに公募し、合計6人を選定した。県内にある老朽インフラの点検作業を地域の有資格者らに委託する制度で、9月以降、順次橋梁の点検を実施。年内に調査を終え、本年度内に結果をまとめる予定だ。県は昨年度に同制度を導入した。老朽ストックの点検作業を地元のセミ・プロに委託することで維持管理業務の効率化を図るのが狙い。県職員だけではフォローしきれない点検作業を補完してもらい、作業の手間やコストを削減する。
 対象となる構造物は橋長14・5メートル以上の県内にあるすべての橋梁で、総数は2000前後に上るとみられる。今回、県内に八つある建設事務所がそれぞれ公募を行い、5事務所が1~2人のサポーターを選んだ。県中、喜多方、相双の各建設事務所は応募者がなかった。いわき建設事務所は昨年同様、2人に業務を委嘱した。氏名などは公表していないが、自治体のOBや現役の会社員などが業務を担当するという。応募条件は技術士(建設部門)、技術士補(建設部門)、1級土木施工管理技士、2級土木施工管理技士の有資格者か、県市町村の技術職員経験者などとした。サポーターは、1カ月のうち4日間程度をかけて、25橋前後を対象に点検を行う。橋梁の損傷箇所や損傷につながる恐れのある危険箇所の有無を調べ、県に報告する。報奨金は昨年同様、1カ月当たり最大2万2400円を目安に毎月支払う。

福島県/橋梁点検サポーターに自治体OBら6人選定/9月から橋梁点検を実施

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 福岡県柳川市の市民文化会館、コンセプトは「水上に浮かぶ柳川の舞台」

  5. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 名古屋競馬場の移転計画、跡地がアジア競技大会の選手村候補地に浮上

  7. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  8. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  9. 江戸川区南小岩七丁目地区再開発、商業施設のほか屋上庭園も

  10. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top