人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に 画像 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

マネジメント

 東京商工リサーチは10日、「人手不足」関連の倒産件数が7月に29件と、前年同月の30件よりも1件減少したと発表。その一方で、「人手不足」の内訳に例年と比べて変化が見られた。

 東京商工リサーチでは過去にも人手不足関連の倒産を集計してきたが、その内訳としては、代表者の死亡や入院等による「後継者難」型と、経営幹部や社員の退職による「従業員退職」型が中心だった。しかし、最近は景気の回復から「求人難」型も増加。実際、7月は29件のうち「後継者難」型が27件、「求人難」型が2件だった。

 1~7月期で見てみると、「人手不足」関連倒産の件数は184件で、前年同期の174件よりも増加。内訳は、「後継者難」型が163件(前年同月152件)、「求人難」型が16件(同15件)だったのに対し、「従業員退職」型は5件(同7件)にとどまっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「平戸市はなぜ、ふるさと納税で日本一になれたのか」を市長に聞いた

    「平戸市はなぜ、ふるさと納税で日本一になれたのか」を市長に聞いた

  2. 【回転窓】運用指針、1年の成果は

    【回転窓】運用指針、1年の成果は

  3. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

    移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  4. 千葉県成田市と香取市、民間事業者と電力会社を6月に設立

  5. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  6. 「中小企業の《経営論》」第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

アクセスランキングをもっと見る

page top