丸文の「ベンチャー活用経営」 市場ニーズの取り込みで常に先手 画像 丸文の「ベンチャー活用経営」 市場ニーズの取り込みで常に先手

マネジメント

 丸文は電源機器を手がける米ベンチャーのフィンシックスに出資し、日本での総代理店契約を締結した。小型を特徴とするフィンのパソコン用ACアダプターや、電源部品などを取り扱う。モバイル機器やオフィス機器(OA)、家電メーカーなどに技術支援を含めて提供し、2018年度に100億円の売上高を目指す。

 丸文はフィンに500万ドル(約6億2200万円)を出資した。出資比率は非公開だが、秋に取締役を1人派遣し経営に関与する。フィンは米マサチューセッツ工科大出身者が、10年に立ち上げた研究開発型ベンチャー。年末に量産品の出荷を始める計画で、丸文と組み日本市場にも参入する。

 フィンの製品は、小型で高速充電が最大の特徴。パソコン用ACアダプター「ダート」は、約40立方センチメートルと既存製品の約4分の1。電源部品も10分の1に小型化できる。

 モバイル機器では、持ち運びを楽にするためACアダプターの小型化ニーズが高い。OA機器でも内蔵の電源部品への小型化要求は根強い。

 フィンの製品は一定のシェアを獲得する可能性があり、日本の電源関連メーカーの戦略にも影響を与えそうだ。日本では大阪大学が京セラ、ローム、村田製作所などと組みパソコン用ACアダプターを小型化する技術を確立し、3年以内に試作品を完成させる計画。

独ベンチャーが丸文を通じ、スマートハウスモジュールで日本参入
日刊工業新聞2014年12月2日付
 独ベンチャー企業のエンオーシャンは、日本のスマートハウス(次世代環境住宅)向け無線通信機能付きセンサーモジュール事業に参入する。照明や玄関ドア、雨戸などの住宅設備を無線で管理するデバイスで、日本向けに情報漏えいを防ぐ複数の暗号化技術を採用した。日本の次世代環境住宅向けに製品を投入するのは初めて。半導体・電子部品商社の丸文などを通じて、住宅設備メーカーや電子部品メーカー、通信事業者などに提案し、日本市場における収益拡大につなげる。

 このモジュールは熱や振動など日常生活の中にあるエネルギーを駆動源にする「エネルギーハーベスティング技術」を使った電池不要の電子デバイス。パソコンなどの電子機器で使われる「AES128」や「PSK」といった一般的な暗号化技術に加え、通信ごとにパスワードが自動で変わる技術を採用。日本市場向けに欧州など他の地域で供給する製品と比較し、より安全性の高い製品に仕上げた。

 エンオーシャンはドイツのミュンヘン郊外に本社を置き、シーメンス出身の技術者が2001年に設立したベンチャー企業。エネルギーハーベスティング技術を使ったデバイス事業を欧州を中心に展開。ビルや産業機械向けに採用実績が多い。

 現在、欧州以外の地区の市場開拓を強化しており、IoT(モノのインターネット)など無線利用が進みつつある日本は重要市場の一つ。中でも次世代環境住宅関連製品市場は2020年に13年比39・1%増の2兆8886億円(富士経済調べ)に拡大する見通し。日本向けの専用製品を投入することで、収益拡大につなげる。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. NEDO、水素の海上輸送、有機ケミカルハドライド法など4つの実証実験を発表

    NEDO、水素の海上輸送、有機ケミカルハドライド法など4つの実証実験を発表

  2. クリーニング屋の優れた技術をウェブCMに! 業界紙コラボのIT販促代行

    クリーニング屋の優れた技術をウェブCMに! 業界紙コラボのIT販促代行

  3. 奥村組と日本海水、鉄バクテリア汚泥を活用した重金属不溶化材を開発

    奥村組と日本海水、鉄バクテリア汚泥を活用した重金属不溶化材を開発

  4. 日本紙パルプ商事、JPビル建替7月着工、2.9万平米複合ビルに

  5. 【この人に聞く】エクイパルコ社・ロニービック・コンデ・ラグナダ社長

  6. リコール等「企業の緊急対応」を支援するサービスが登場

  7. 倒産件数、4月としては「過去20年間で最小」

  8. 千葉県成田市と香取市、民間事業者と電力会社を6月に設立

アクセスランキングをもっと見る

page top