谷沢製作所、1日分の汗を吸い取るヘルメット用汗取りパッド発売 画像 谷沢製作所、1日分の汗を吸い取るヘルメット用汗取りパッド発売

インバウンド・地域活性

 産業用ヘルメットメーカーの谷沢製作所(東京都中央区、谷澤和彦社長)は、ヘルメット用使い捨て汗取りパッド「吸収男児(きゅうしゅうだんじ)」の販売を始めた。パッケージから取り出したシート裏側のテープを外し、ヘルメットの額部分に貼り付けるだけで簡単に装着でき、高分子吸収材が1日分の汗を吸い取り、肌触りがさらさらの状態を保つ。初年度は5万袋の販売を目指す。同社によると、市販されているヘルメット用の使い捨て汗取りパッドの多くが、サイズが小さく、通気性も悪いという。
 同社は大手製紙会社と協力し、通気性に優れたエアスルー素材を使った高分子吸収材入りのワイドサイズ(横200mm、縦72mm)の汗取りパッドを製品化した。多量の汗を吸い取り、110g以上の保水能力がある。通気性も良く、蒸れずに快適に作業ができ、使い捨てのため清潔な状態を保てる。1袋10枚入り。同社は店頭価格1000円前後で提供する。問い合わせは営業部(電話03・3552・5581)へ。

谷沢製作所/ヘルメット用汗取りパッド発売/高分子吸収材が1日分の汗吸い取り

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  10. 登りは迷わず歩く…50キロのトレイルラン、記者が体験(1)

アクセスランキングをもっと見る

page top