JFEエンジニアリングがガスパイプライン建設受注、福島県相馬市~宮城県岩沼市に新設 画像 JFEエンジニアリングがガスパイプライン建設受注、福島県相馬市~宮城県岩沼市に新設

インバウンド・地域活性

 JFEエンジニアリングは10日、石油資源開発(JAPEX)から、福島県相馬市と宮城県岩沼市を結ぶガスパイプラインの建設工事を受注したと発表した。JAPEXが保有する新潟~仙台間の既存管と、相馬港(福島県新地町)で建設中の液化天然ガス(LNG)基地を結ぶ全長約40キロの新設管のうち宮城県側の約33キロを敷設する。7月末に着工した。18年3月の竣工を目指す。JAPEXはパイプライン全体の整備に約130億円を充てるとみられている。
 相馬~岩沼間のパイプライン建設は、仙台と新潟を結ぶ既存管を相馬港まで延長し、東北全域にガスを供給するのが目的。東北の太平洋岸での需要増に対応できるようになるほか、供給網の安定性も高まるという。今回の建設工事は、東日本大震災の復興事業と並行して進めるため、資機材の円滑な調達や工期厳守が求められた。JFEエンジは、立坑を築造せずに長距離推進ができる「JFE―RAPID工法」を提案。一般的な推進工法と比べ工期を半分に短縮し、コストを約2割削減できる点などが高く評価された。同社は今後も国内外でパイプライン網の整備需要が拡大するとみて、技術と実績を積極的にアピールしていく。

JFEエンジ/ガスパイプライン建設受注/福島県相馬市~宮城県岩沼市に新設

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  7. 本厚木駅開発、17年7月着工めざす

  8. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  9. 西鉄バス、福岡空港国際線ターミナル~大橋駅線を新設

  10. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

アクセスランキングをもっと見る

page top